ドコモ光

ドコモ光GMOとくとくBBの無料レンタルルーター比較!どっちがいい?

ドコモ光の中のでも、人気が高いプロバイダ『GMO とくとくBB

何といっても申し込みの特典として、無料のルーターレンタルができるのがユーザーとしては嬉しいですよね。

ひかりmama
ひかりmama
しかも37か月以上使うと返却も不要で、自分のものになっちゃうんですよ!

この特典目当てにプロバイダをGMOとくとくBBにするという人も、多いと思います。

 

けれどひとつ悩んでしまうのが、3つもあるレンタルルーターからどれを選べばいいのかがわからないってこと。

どれも性能は同じようにしか見えないし、実際に自分の家にはどっちのルーターが合ってるのか見極めるのが難しいんですよね。

今回はそんな人の為に、現在GMOとくとくBBからレンタルしている無線ルーター3種類を、徹底比較してみたいと思います。

市場価格や速度、独自の機能などからあなたに合った1台を見つけてくださいね。

また3種類のうち2つを手に入れることができたので、実際に大きさなども比べてみますよ。

ぜひこれからドコモ光 GMOとくとくBBへ加入しようと思っている人は、参考にしてください。

\今なら15,000円キャッシュバック/


GMOとくとくBBの詳細ページはこちら>>

ドコモ光GMOとくとくBBのルーターはどれがいいの?

2019年7月現在、GMOとくとくBBからレンタルしている無線ルーターは3種類あります。

  • BUFFALO製 「WXR-1750DHP2」
  • NEC製 「Aterm WG1900HP2」
  • エレコム製 「WRC-2533GST2」

どれもIPv6対応の、高性能のWi-Fiルーターです。

もちろん無料レンタルなので、GMOとくとくBBを利用している間に費用は一切かかりません。

このサービスを利用すれば、わざわざ自分で無線ルーターを購入する必要もないですし、万が一故障したとしてもGMOとくとくBB側で胡椒対応してもらえるんですよ。(※自然故障に限り)

ひかりmama
ひかりmama
ドコモ光のプロバイダの中でも、無線ルーターをレンタルしてくれるところは少ないのでとってもお得ですよね

無線ルーターの申し込みは、GMOとくとくBBにドコモ光の申し込みをした後、別途BBNaviというサイトからの申し込みができるのでとっても簡単です。(後程申し込み方法もお伝えしますね)

 

けれど3種類もルーターが選べると、なかなかどれがいいのか選ぶことができないっていうのが正直なところ…

結論からいうと、どの機種もとっても高性能なのでどれを選んでも間違いありません!

ただしそれぞれにもちろん特徴があるので、、実際は自宅の環境にあった機能のルーターを選ぶのがおすすめなんです。

ここからはそれぞれの機能を含めて、比較をしてみたいと思います。

GMOとくとくBBの詳細ページはこちら>>

 

まずは3種類のルーターの市場価格から

2019年7月現在の、Amazonでの端末価格を比べてみました。

機種名発売時期Amazon価格
BUFFALO製 「WXR-1750DHP2」2017年4月7,200円
NEC製 「Aterm WG1900HP2」2018年7月8,210円
エレコム製 「WRC-2533GST2」2018年10月11,890円

お値段では、1番新しく発売されたエレコム製ルーター「WRC-2533GST2」が断然お高いですね。

じゃあエレコム製のルーターの機能が1番いいのか?というと、そういうわけでもありません。

どうしても無線ルーターなどの機器は、発売時期から時間がたつにつれて市場価格がお安くなってしまうんですよね。

確かに無料でレンタルできるので、市場価格が1番高いほうがお得感はありますが、実際は利用する環境によっては他のルーターの方が合うということもあるんですよ。

ひかりmama
ひかりmama
値段だけで決めてしまうのは、おすすめできません

 

続いては3台の機能面を比べてみたいと思います。

ちなみに現在のAmazonなどでの価格を見たい場合は、こちらで確認くださいね。

created by Rinker
バッファロー
¥6,477
(2019/08/21 16:24:52時点 Amazon調べ-詳細)

GMOとくとくBBの詳細ページはこちら>>

 

3種類のルーターの機能比較

続いては3台のルーターの、機能面での比較をしたいと思います。

特にどの部分を見ればいいのかも、合わせてお伝えしますね。

まずはGMOとくとくBBから無料でレンタルできる、ルーター3機種の性能を表にまとめてみました。

※横にスライドできます

BUFFALO製
「WXR-1750DHP2」
NEC製
「Aterm WG1900HP2」
エレコム製
「WRC-2533GST2」
データ転送速度※最大1300Mbps最大1300Mbps最大1733Mbps
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac
セキュリティ規格WPA/WPA2/WEPSSID
MAC アドレスフィルタリング
ネットワーク分離機能
WEP(128bit)
WPA2-PSK(AES)
WPA/WPA2-PSK(AES)
WPA/WPA2‐PSK(TKIP/AES)
WPA2-PSK(AES)
WPA-PSK(TKIP)
WEP(64bit/128bit)
アンテナ方式5GHz/2.4GHz 3本2.4GHz:送信3 × 受信4
5GHz:送信3 × 受信4
(内蔵アンテナ)
2.4GHz帯 : 送受信 4本
5GHz帯 : 送受信 4本
(内蔵アンテナ)
有線LANポート数444
外形寸法185×41×185mm
(製品本体のみ。
アンテナ、スタンド含まず)
(W)約33×(D)110×(H)169.5mm
(突起物除く)
(W)約141.0×(D)約36.5×(H)約160.0mm
(本体のみ)
質量(本体のみ)約545g
(製品本体のみ。
アンテナ、スタンド含まず)
約0.4kg(本体のみ)約380g(本体のみ)
消費電力18.7W16W(最大)約13.2W(最大)
設定機能AOSS
AOSS2
らくらくスタートボタン
(WPSボタン)
WPSボタン

※IEEE802.11acの場合

※GMOとくとくBBのルータースペック詳細ページはこちらです。

この表を見ても、いったいどこに注目して比べればいいのかわからないですよね。

簡単にいうと、注目すべきポイントはこの4つです!

データ転送速度

まずは1番気になる無線のスピード。

こちらに関しては、Elecom製が最大1733Mbpsに比べ他の2つは最大1300Mbpsと、Elecom製が1番早いように見えますよね。

けれど実際のところは利用環境によって速度はかなり左右されてしまいますし、そもそも理論値なので最大速度が出るわけではありません。

実際に速度に関しては、最大値が1300Mbps以上であれば特に差はないと考えても問題ないでしょう。

ひかりmama
ひかりmama
速度は3社互角と思って大丈夫です

 

外観(外部・内蔵アンテナ)

続いて比較すべきところは、ルーターの外観ですね。

外観を1番左右するのが、アンテナが外についているか内蔵されているかといった部分。

これに関してはBUFFALO製のみアンテナが外についており、棒のようなものが3本飛び出す感じになっています。

後の2社はアンテナ内蔵のため、外観はとってもすっきりスリムに見えますね。

 

外部についているアンテナのメリットとしては、アンテナの角度や向きを自由に変えることができるので、利用環境によって電波状況を調整できるというところです。

例えば廊下にルーターを設置して、1階と2階とどちらでも無線接続したい場合などは、アンテナ1本を1階用に立てたまま、残りの2本は2階用に倒して電波を送るといったことも可能です。

内蔵されているアンテナはそこまでの微調整ができないため、無線を利用したい場所が2カ所以上ある場合などは外部アンテナの方が有利になります。

そういった利用方法をする場合には、Buffalo製が1番おすすめです。

ただ内蔵アンテナも、性能に関してはかなり向上しているので、そこまで極端に速度が落ちたり電波が届かないといったことにはならないので安心してくださいね。

 

またリビングなど目立つ場所にルーターを設置する場合は、内蔵アンテナのルーターの方が見た目がシンプルでスマートです。

本体自体の大きさも、アンテナ分を抜いてもBuffalo製が1番大きく重いです。

見た目にこだわりたい!すっきりとしたルーターがいいという人は、NEC製かElecom製がおすすめですよ。

 

設定方法

無線ルーターを変更するときに、気になるのが再設定ですよね。

パソコンやスマホ、プリンタやテレビなど無線で接続しているものが多ければ多いほど、再設定するのもおっくうになりがちです。

こちらに関しては、BUFFALO製のルーターは「AOSS2」、NEC製とエレコム製のルーターには「WPS」と呼ばれる、無線の自動設定ができる機能がついています。

その為無線の再設定をするときにも、ボタン一つで楽々に設定できてしまいますよ。

 

またどの機種も、今まで使用していた無線ルーターの設定をそのままコピーできるWi-Fiの引っ越し機能が搭載されています。

なので家族が多くてそれぞれのスマホなど設定しなおすのが難しい場合などは、簡単引っ越し機能を使えばとっても便利ですよ。

ひかりmama
ひかりmama
設定しやすさに関しては、3機種とも互角ということになりますね

GMOとくとくBBの詳細ページはこちら>>

 

Buffalo製とElecom製の実物比較

では、今回は実際にGMOとくとくBBからElecom製のルーターをレンタルすることができました。

それに合わせて、我が家の回線もドコモ光のGMOとくとくBBへ変更済み。

Buffalo製のルーターをレンタルすることにしたので、2台を比べてみましたよ。

 

箱はどちらも同じくらいの大きさ。

 

ですが、本体はアンテナをつけない状態でも、かなり左のBuffaloの方が大きいです。

 

厚みもかなり違うので、持った時の重さもBuffaloのほうがかなりずっしり。

どちらもスタンドを装着した状態ですが、Elecom製のほうはスタンドもとってもスマートで幅をとりませんね。

 

裏にはどちらも、壁掛けができるようになっています。

 

LANポートなどの数は同じですが、BuffaloのほうはUSBポートがついていますね。

なぜUSBポートがついているのかというと、実はUSBハードディスクをつなぎ、NASとして使用することができるんです。

NAS(Network Attached Storage)とはネットワーク(LAN)上に接続することができるハードディスクのことです。

例えば通常のハードディスクはPCに直接接続して使用するので、1台でしかそのデータの閲覧などができません。

それがNASだと、ネットワークを介して同時に2台3台でも接続可能ということになります。

NASの設定について詳しい説明は、こちらをご覧ください。

BuffaloHP Wi-FiルーターにUSBハードディスクをつなぎ、NASとして使用する方法

 

またそれぞれの特徴としては、Buffalo製は見ての通りアンテナが3本上に立っています。

このアンテナは、電波を飛ばしたい方向に向けて曲げたり倒したりすることができるんです。

曲がる角度は45度と90度。

もちろんアンテナの向きもクルクル回して変更できるので、きちんと向けたい方向に向けて曲げることができます。

ひかりmama
ひかりmama
見た目はスマートではないですが、使いたいエリアめがけて電波を飛ばせるのは魅力的ですね

 

一方のElecom製の特徴としては、何と言ってもこのスリムでコンパクトなところ。

比べるものがなかったので卓上醤油を並べてみたのですが、かなり小さいことがわかりますよね(笑)

 

これならパソコンの脇やちょっとしたすき間にでも収まるので、置く場所は選びませんね。

厚さも単行本1冊分くらいなので、本棚にもスマートに置けそうです。

ひかりmama
ひかりmama
並べてみると、かなり大きさも見た目も違いましたね

\今なら15,000円キャッシュバック/


GMOとくとくBBの詳細ページはこちら>>

 

 

で、結局どのルーターが1番おすすめ?

実際にそれぞれの接続も試してみたのですが、やっぱりまずは見た目からいうとスマートなElecom製のほうが1枚どころか2枚も3枚も上手ですね。

お部屋もシンプルにしたい、アンテナが立ってごちゃごちゃしているのが嫌!って人は、やぱりElecom製かNEC製のほうが確実にいいと思います。

ただ、我が家は家の作りが特殊で階段の途中にルーターを置いて、1階と2階とのどちらでも接続をしています。

1階部分は鉄骨なので、かなり電波は弱くなってしまうのが悩みだったんですよね。

けれどBuffalo製とElecom製のどちらもを同じ環境で試してみたところ、ルーターのすぐ近くで接続する分にはほぼ互角だったのですが、電波が遮断される場所での接続に関してはアンテナが動くBuffalo製のほうが速度を維持することができました。

それを見越してレンタルはBuffalo製を選択したのですが、大正解!

Elecom製もそこまで速度が極端に落ちるということはなかったですが、Buffalo製に比べると速度は落ちてしまいました。

 

なので、ルーターを選ぶ基準としては

  • 見た目重視!シンプルでスマートなルーターがいい!→Elecom製・NEC製
  • 見た目より速度重視!利用する場所が家の中の広範囲!→Buffalo製

ということになります。

1度レンタルするルーターを決めてしまうと、変更などはできません。

また37か月以上使用すると、解約時の返却も不要になります。(要は自分のものになるということ)

なのでその辺りも含めて、自分に合ったルーターを選択してくださいね。

GMOとくとくBBの詳細ページはこちら>>

 

GMOとくとくBBで無線ルーターを申し込む方法

最後にドコモ光 GMOとくとくBBでの、無料ルーターのレンタル方法をお伝えしますね。

今回私は、もともと利用していたドコモ光のプロバイダだけを楽天ブロードバンドからGMOとくとくBBへ変更しました。

手続き完了4日後にSMSで、このようなメールが届きました。

 

こちらのリンク部分を選択すると、ドコモ光の申し込み者専用ページへ飛びます。

 

 

 

ここに、申し込み時に登録した生年月日や携帯電話番号、契約住所の郵便番号を入力。

 

 

入力内容に間違いがなければ、申込者専用ページへログインできます。

 

 

この画面を少し下にスクロールすると、GMOとくとくBBの接続IDとパスワードも確認ができます。

実際に書類が届いたのはこの1週間後くらいだったのですが、IDなどだけ先に確認ができるのも嬉しいですね。

 

 

『Wi-Fiルーターのレンタルサービスはこちら』を選択して進むと、まずは支払い方法の登録画面になります。

あれ?無料レンタルなのにどうして支払い方法?と疑問に思ったのですが、これには理由があるようです。

無線ルーターはもちろん無料でレンタル可能なのですが、万が一ドコモ光の解約やプロバイダの解約をした後にはルーターの返却が必要です。

ただし期限までに返却がされなかった場合は、補償料として10,000円が発生してしまうんですよね。

その金額が万が一発生した場合の支払い方法として、カード払いかNTTの電話料金との合算支払いを選ぶ必要があります。

ひかりmama
ひかりmama
ちなみに37か月以上レンタルしてからの解約の場合は、ルーターの返却は不要です

 

支払い方法を入力したら、続いて無線ルーターの機種を選択できます。

先ほどご案内した内容を参考に、自分に合うルーターを選んでくださいね。

 

続いては無線ルーター以外にも、期間限定で無料で頼めるオプションも選択ができます。

12か月無料のセキュリティーサービスや

 

万が一スマホが故障してしまった場合に対応できる、スマホ安心パックなど、必要があれば一緒に申し込みましょう。

 

こちらでルーターを選択して決定すると、後で機種の変更などはできません。

 

発送先住所などに間違いがなければ、あとは注意事項と確認メールが届くアドレスを確認。

 

『上記のすべてに同意する』にチェックをしたら、お申込みボタンを押します。

 

 

これで無線ルーターの申し込みは完了です。

後はルーターの到着を待つだけですね。

 

 

申し込み後すぐに、ルーター申し込み受付完了のメールも届きましたよ。

 

そして申し込みをした翌日には、ルーター発送作業完了のメールが届き、その翌日にはルーターが自宅に届きました。

申し込みから2日後に届くなんて、かなり早いですね。

 

このようにドコモ光GMOとくとくBBの無線ルーター申し込みは、驚くくらいに簡単でしたよ。

もちろんSMSからの申し込みではなくても、BBnaviへログインしてのルーター申し込みも可能ですよ。

GMOとくとくBB BBnavi

ひかりmama
ひかりmama
  すべてスマホで完了できる上に、申し込みから2日で到着するなんてすごいですね!

 

ドコモ光GMOとくとくBBの無料レンタルルーター比較 まとめ

今回実際にGMOとくとくBBからレンタルできるルーター2台を比べてみたのですが、どちらも高性能でIPv6対応、無料でレンタルできるなんてかなりお得だなと思える機種ばかりでした。

どれも自分で購入したら1万円前後してしまうので、無料でレンタルしたほうがかなりお得です。

しかも37か月以上レンタルを続ければ、返却も不要になり購入したのと同じように自分のものになってしまうなんて、最高ですよね。

ひかりmama
ひかりmama
自分で買わずに借りるのが1番お得ですよ!

ぜひドコモ光 GMOとくとくBBの無線ルーターの種類で迷っている人は、参考にしてくださいね。

\今なら15,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBBの詳細ページはこちら>>

 

 

ひかりmamaおすすめ光回線

[chat face="wink.png" name="ひかりmama" align="left" border="red" bg="none" style="maru"] 私ひかりmamaが、自信をもっておすすめする光回線をご紹介します! [/chat]
★☆ドコモ携帯をつかっているならドコモ光★☆★
[jin-iconbox09]最大15,000円キャッシュバック+dポイント最大30,000ポイント[/jin-iconbox09]
[jin-iconbox09]ドコモ光セット割で携帯料金がお得[/jin-iconbox09]
[jin-iconbox09]無線ルーターを無料レンタル[/jin-iconbox09]
評価[jinstar5.0 color="#ffc32c" size="16px"]
おすすめのポイントドコモ携帯を使っているならドコモ光一択です。長く使えば使うほど割引額も高くなりますよ。数あるプロバイダの中でも、GMOとくとくBBならIPv6対応で、無線ルーターも無料でレンタルできるのでとっても快適です。
詳細ページ公式ページ  
★☆Softbank携帯を使っているならSoftbank光★☆★
[jin-iconbox09]最大32,000円キャッシュバック[/jin-iconbox09]
[jin-iconbox09]おうち割で毎月最大1000円割引[/jin-iconbox09]
[jin-iconbox09]開通までSoftbank Airレンタルあり[/jin-iconbox09]
評価[jinstar5.0 color="#ffc32c" size="16px"]
おすすめのポイントソフトバンク携帯ならソフトバンク光がおすすめ。おうち割で携帯料金がお安くなります。開通までの間Softbank Airをレンタルしてくれるのも助かりますね。
詳細ページ公式ページ  
★☆au携帯を使っているならBIGLOBE光★☆★
[jin-iconbox09]最大25,000円キャッシュバック[/jin-iconbox09]
[jin-iconbox09]スマートバリューで携帯料金割引[/jin-iconbox09]
[jin-iconbox09]auスタートサポートで他社解約金を負担[/jin-iconbox09]
評価[jinstar5.0 color="#ffc32c" size="16px"]
おすすめのポイントau携帯の人にはauひかりもおすすめですが、auひかりはエリア外になることも多いです。そんな時はBIGLOBE光がおすすめ。提供エリアが断然広く、開通までもスピーディーですよ。
詳細ページ公式ページ