マンションタイプ

光回線工事をしたい!マンションだと許可は必要?ありがちパターンと対処法。

マンションやアパートなどの集合住宅への入居が決まり、光回線の導入をしたい!と申し込みをしたら、気になるのが光回線工事をすることの許可が必要かどうか。

勝手に工事をしてもいいの?

それとも必ず管理会社や大家などに許可を取らないといけない?

悩む人も多いと思います。

今回はそんなマンションやアパートなどの集合住宅に、光回線工事を申し込む場合に知っておいたほうがいい許可の取り方を教えてしまいますよ。

許可が必要ない場合や、万が一許可が取れない場合の対処法なんかもお伝えするので、ぜひ気になる方はご覧くださいね。

マンションへ光回線をひく工事方法

まず知っておかなければいけないのが、いったい光回線の工事ってどんな工事をするの?ってこと。

それを知っておかないと許可が必要なのかどうかや、何て許可を取ればいいのかもわからないですよね。

集合住宅へ光回線工事を申し込む場合は、2つのパターンに分けられます。

  1. マンションタイプの光回線を導入する場合
  2. ファミリータイプの光回線を導入する場合

それぞれによって工事内容が異なるので、まずは自分が依頼する光回線工事の内容を知っておきましょう。

マンションタイプの光回線を導入する場合

マンションタイプと呼ばれる集合住宅用の光回線が導入されている場合は、基本的にマンションタイプを申し込むことになります。

マンションタイプが入っている=建物に集合住宅用の光回線設備がすでに設置されているということです。

なので比較的工事ができない場合も少なく、簡単な工事で済んでしまうことが多いです。

 

具体的な工事内容としては、すでに光回線が外の電柱からマンション内の共有スペース(MDF)まで引き込まれているので、そこから各部屋への配線工事と光コンセントの設置を行います。

そして光コンセントから回線終端装置(ホームゲートウェイ)をつなぐまでが工事内容となります。

下の図で言うと、スプリッタからホームゲートウェイまでの間の工事ですね。

引用:NTT東日本HP

スプリッタから各部屋の間の配線も、配管と呼ばれる電話線などをもともと通すために作られた管を通して開通させる場合が多いです。

マンションタイプを導入する時点で、その管がしっかりと各部屋までつながっていることも確認されている場合が多いため、工事ができないということも少ないです。

ファミリータイプの光回線を導入する場合

一方マンションタイプが導入されていない集合住宅の場合は、ファミリータイプと呼ばれる一戸建て用の回線を申し込むことしかできません。

その場合、1本の光回線を直接自分が住む部屋まで引き込む工事が必要になります。

電柱から一本の線を室内に引き込み、その先に光コンセントの設置と回線終端装置の設置を行います。

引用:NTT東日本HP

上の図は一戸建てに引き込む場合ですが、マンションなどの集合住宅でもファミリータイプを引き込む場合は同じ内容になります。

室内まで線を引き込むルートとしては、もし建物内に利用できる配管があればそこを通す場合もあります。

ですが多くの場合は、直接部屋のエアコンダクト(エアコン用の穴)から引き込んだりもともとあいている場所から引くことがほとんどです。

それができない場合は、最終手段として壁に穴を開けて引き込むしかないこともあります。

スポンサーリンク

ファミリータイプの具体的な工事例

ファミリータイプの場合、多くがエアコンダクトからや穴を開けての引き込みになるとお伝えしましたが、実際どのような見た目なのか気になりますよね。

一番多いエアコンダクトからの引き込みの場合は、このように隙間から入れたり、またパテというやわらかいゴムの部分に穴を開けてそこから引き込みます。

引用:NTT東日本岩手 施工事例

屋内側はエアコンの後ろ側から光ケーブルが出てきて、その先に光コンセントを設置します。

引用:NTT東日本岩手 施工事例

 

また穴あけが必要な場合は、外壁から直接穴を開けて屋内まで引き込みをします。

引用:NTT東日本岩手 施工事例

 

もちろん水漏れなどがないように、パテで穴埋めをしてくれますよ。

ただ屋内まで穴を貫通させることにはなるので、屋内側でもこのように穴が開きます。

引用:NTT東日本岩手 施工事例

 

穴あけは外壁の素材や構造によっては、NTTができない場合もあります。

そういったときは管理会社などにお願いし、リフォーム業者や建物の施工管理をしている工事会社などに穴あけを依頼しなければいけないこともあります。

エアコンダクトからの引き込みの場合も穴あけの場合も、直接電柱から光回線をまっすぐ引き込んでくることはできないため、手前の部分で取付金具と呼ばれるビス止めが必要になります。

そのためビス止めのための小さな穴も何ヶ所かあくことも頭に入れておきましょう。

具体的な工事については、こちらのページも参考にしてみてくださいね。

NTT東日本岩手 施工事例

 

どんなときに許可が必要?

工事内容がわかったところで、いったいどんな時に光回線工事の許可が必要なのでしょうか?

実際に必要な場合と不要な場合に分けてご説明しますね。

光回線工事に許可が必要なパターン

マンションに光回線工事をする場合に、許可が必要なのは主に以下の2つの場合です。

  1. マンションにファミリータイプの導入をする場合
  2. マンションタイプでも、穴あけやビス止めが発生する場合

①ファミリータイプの導入をする場合

許可を必ず取っておかなければいけないのは、やはりマンションタイプが導入されておらず、ファミリータイプを引き込みたい場合です。

許可なしで工事を決行してしまうと、後々いろいろトラブルになることも多いです。

特にビス止めや穴あけを勝手に行ってしまうと、居住中はバレずに利用できたとしても、退去時に発覚すると現状復帰(入居時と同じ状態に戻すこと)を言い渡されてしまうことも多いです。

そうなると単に穴を開けた部分を埋めるだけだと色が変わってしまったりもするため、壁紙を交換しなければいけなかったり、また外壁の穴を埋めないといけなかったりと、余分に費用がかかってしまいます。

そんなことにならないために、集合住宅にファミリータイプの導入工事を申し込む場合は、必ず前もって許可を取っておくようにしましょう。

 

②マンションタイプでも、穴あけやビス止めが発生する場合

またマンションタイプの工事でも、まれに外から直接引き込みをする場合があります。

その場合には壁に穴あけやビス止めをする必要が出てくるので、それがわかった時点で許可を取る必要があります。

実際に工事に来てもらってからでないとわからないことなので、工事中に一度作業を止めてもらってその場で電話して許可を取るか、もしくは連絡が取れない場合は一度その日の工事は諦めて、後日許可が取れてから改めて再工事を依頼するかのどちらかになります。

基本的に勝手に工事者が穴あけ、ビス止めをすることはないので、必ず作業の前で確認をされます。

それから許可をとっても遅くはありませんが、間違えても許可を取っていないのに工事を決行するのだけはやめましょうね。

 

また一度マンションタイプを申し込んで工事に来てもらったけれど、工事ができないということもまれにあります。

そういった場合は改めてファミリータイプを申し込むことも可能なのですが、その時はもちろん許可が必要です。

マンションタイプが導入されているのに開通できなかったため、個人的にファミリータイプを引きたいといえば、許可される可能性も高くなると思いますよ。

 

無派遣ができる場合でも、許可は取っておいたほうがいい?

悩んでしまうのが、ファミリータイプなのに無派遣工事ができるとNTTや事業者に言われた場合です。

その場合、以前住んでいた人が同じフレッツ回線を利用して設備を残して退去したということになります。

前の人がよかったんだし、自分は工事をしないから許可は不要かな?と思いがちですよね。

けれどそんな場合でも必ず光回線を引き込みたいという許可は取っておいたほうがいいですよ。

なぜなら前入居者が許可を取らずに勝手に引き込みをしていたということも考えられます。

その場合、自分の退去時に光回線の引き込みが発覚してしまうと、自分のせいにもされかねません。

前もって引き込みの許可をもらっておけば、そんなことにもならないので安心ですよね。

 

光回線工事に許可が不要なパターン

もともと建物にマンションタイプが導入されている場合は、基本的には許可を取る必要はありません。

マンションタイプの設備を導入する時点で、管理会社や大家が了承して設備を入れているので、入居者が工事をすることももちろん了承済みです。

ただしNTTや事業者などから、工事をすることを管理会社や管理人へ直接報告が必要と言われた場合は、必ず前もって○/○に光の開通工事をすることを伝えておいてくださいね。

この場合は許可というわけではなく、その日工事をするために前もって共用部分(MDF)の鍵を開錠しなければいけなかったり、何らかの準備が管理会社側で必要なことが多いです。

工事をする報告をしておかないと、工事当日に立ち会っても工事ができなくなってしまうので、必ず忘れずに前もって報告をしておいてくださいね。

スポンサーリンク

光回線工事は誰に許可を取ればいいの?

光回線工事の許可を取るといっても、いったい誰に言えばいいのでしょうか?

基本的にはその建物を管理している管理会社、もしくは大家に許可を取る必要があります。

管理会社がすべて建物の管理を大家に任せられている場合もあれば、そういった建物に関することは直接大家に確認が必要な場合もあります。

賃貸契約書などにどちらが管理しているのかは書かれていると思うので、書面を確認をしてみましょう。

もしくは部屋を借りる際に手続きした管理会社や不動産屋に確認してみれば、教えてもらえると思います。

 

UR賃貸住宅や市営住宅の場合は?

UR賃貸住宅の場合は、直接UR都市機構への確認が必要です。

市営住宅や公団などの場合は、市の担当課への問い合わせとなります。

ただしUR賃貸住宅や市が管理している建物は、どちらもファミリータイプの導入の許可が取れない場合が多いです。

そういった場合は、何かもともと導入されている設備があればそちらを利用したほうがいいですね。

 

分譲マンションの場合は?

分譲マンションにファミリータイプを引きたい場合は、少しハードルが高くなります。

一度理事長などへ確認して、必要があれば理事会や建物の総会などで稟議が必要になる場合もあります。

その場合数ヶ月~半年くらい時間がかかったり、またその結果導入の許可が出ないこともあります。

分譲マンションの場合は、基本的にはもともと何かインターネット設備が整っていることが多いので、そのサービスを利用したほうが安全かもしれませんね。

 

光回線工事の許可の取り方

管理会社や大家へ許可をとる時に注意したいことがいくつかあります。

  1. 難しい言葉を使わない
  2. 穴あけやビス止めをする前提で話さない
  3. 担当者の名前をメモしておく

以上のことを注意すれば許可が取れやすく、後々問題になることも少ないですよ。

ひとつずつ説明していきますね。

難しい言葉を使わない

特に大家さんに直接許可を取る場合ですが、なるべく簡単な言葉を使って説明をするようにしましょう。

横文字をたくさん並べてしまうとそれだけで拒否する大家さんもいらっしゃいます。

『光のインターネットを部屋にひく工事をしたい。』ということを伝え、工事をしてもいいかどうかの回答をもらうようにしましょう。

 

穴あけやビス止めをする前提で話さない

よくやってしまいがちなのが、最初から穴あけやビス止めが必要と言ってしまい許可が下りない場合です。

あくまで穴あけもビス止めも終手段としての工事方法になるので、あまり前面にそれを出して工事の話を進めないほうがいいですよ。

最初から穴を開ける工事はNGと許可が下りずに断られてしまいます。

『光回線の引き込み工事をしたいが、なるべく穴あけやビス止めはしないで工事を依頼しようと思っている。万が一穴あけやビス止めが必要な場合は工事をしてもいいか?』

と聞くようにしましょう。

そうすれば『穴あけ、ビス止めをしなければ工事をしてもいい。』だったり、『ビス止めだけならOK。穴あけは場所によるので必要な場合は連絡がほしい。』などといった、細かい指示をもらえることも多いです。

最初から『壁に穴を開けて工事したいです!』と言ってしまわないように気をつけてくださいね。

 

担当者の名前をメモしておく

管理会社へ許可を取った場合は、必ず担当者の名前をメモしておくようにしましょう。

そうすることで、後々工事が終わった後や退去時にもトラブルになりにくいです。

勝手に担当ではない人が許可を出すことはないとは思いますが、『そんな許可は出していない』と言われないためにも必要なことです。

また事業者によっては、許可を取れた管理会社名、連絡先、担当者名まで確認をされることがあるので、そういった場合にも必要な情報になります。

スポンサーリンク

許可が取れない場合はどうすればいい?

管理会社や大家から光回線工事の許可が取れなかった場合は、諦めるしかないのでしょうか?

基本的には工事NGと言われてしまった場合は、諦めて他の手段を探すほうが賢明です。

もともと建物に導入されているネット設備がある場合はそちらを利用したり、モバイルルーターを利用するしかありません。

 

けれど条件付で許可が出た場合は、まずはいったん工事を進めてしまうことも可能です。

たとえば『ビス止めはいいけど、穴あけはNG』と言われた場合は、そのまま工事日を決めて工事の予定を進めてしまいます。

工事当日に工事者が現地へ来たら、まずは現状どういった方法で工事ができるかを確認してくれます。

その際に穴あけやビス止めが必要かどうかも、必ず工事前に説明されます。

穴あけが必要と判断された時点で工事をキャンセルすることも可能です。

もちろん工事をしなければ、工事費もかからないので無料で断ることができます。

そうすれば許可がでている工事内容で工事が可能な場合のみ、開通工事を進めることができるので安心ですよね。

もし心配な場合は、前もって工事者が来た時点でこういう工事はOKと言われているという事を伝えておきましょう。

そうすればなるべく工事ができるような方法を見つけてくれると思いますよ。

 

現場調査を依頼する方法もあり

たとえば『どういった工事になるのかきちんと説明をしてくれれば、内容によっては許可する』と言われることがあります。

そういった場合、NTTや事業者へ一度現場調査を依頼できないか確認してみましょう。

現場調査とは、工事ではなくその前段階として、どのような経路でどういった工事が必要なのかを確認してくれる調査です。

希望すれば図面なども出してくれることもあるので、心配性の大家さんなどの場合は一度現場調査を頼んできちんと工事の内容を確認してもらったほうがいいかもしれません。

ただし現場調査は必ず依頼できるというわけではありません。

マンションタイプが導入されている場合は、現場調査はNGと断られてしまうことが多いです。

ただファミリータイプを導入するときであれば、管理会社希望でまずは現場調査してほしいと伝えるとしてくれる場合もあります。

現場調査と工事で2回の立会いが必要になってしまいますが、建物の構造が複雑だったりするような場合は、一度現場調査ができないかを確認してもいいと思いますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

マンションに光回線を引き込む場合にも、建物の設備や環境によっていろいろな工事が考えられます。

後々トラブルにならないためにも、必ず前もって必要な場合は許可を取るようにしてくださいね。

また、光回線といってもフレッツ光以外にも、auひかりやNURO光など複数の事業者が光回線サービスを提供・販売しています。

一つのサービスの工事ができなかったからといって、他の回線まで工事ができないかどうかはやってみないとわかりません。

特にフレッツ光は国内でのシェアがNo.1なので、auひかりやNURO光よりも工事ができる可能性は高いです。

ぜひあきらめずに他のサービスは引けないのか、確認してみてくださいね。

マンションに光回線工事を依頼しようと思っている方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

 

ひかりmamaおすすめ光回線

★☆ドコモ携帯をつかっているならドコモ光★☆★
最大15,000円キャッシュバック+dポイント最大30,000ポイント
ドコモ光セット割で携帯料金がお得
無線ルーターを無料レンタル
評価
おすすめのポイント ドコモ携帯を使っているならドコモ光一択です。長く使えば使うほど割引額も高くなりますよ。数あるプロバイダの中でも、GMOとくとくBBならIPv6対応で、無線ルーターも無料でレンタルできるのでとっても快適です。
詳細ページ公式ページ

 

★☆Softbank携帯を使っているならSoftbank光★☆★
最大32,000円キャッシュバック
おうち割で毎月最大1000円割引
開通までSoftbank Airレンタルあり
評価
おすすめのポイント ソフトバンク携帯ならソフトバンク光がおすすめ。おうち割で携帯料金がお安くなります。開通までの間Softbank Airをレンタルしてくれるのも助かりますね。
詳細ページ公式ページ

 

★☆au携帯を使っているならBIGLOBE光★☆★
最大25,000円キャッシュバック
スマートバリューで携帯料金割引
auスタートサポートで他社解約金を負担
評価
おすすめのポイント au携帯の人にはauひかりもおすすめですが、auひかりはエリア外になることも多いです。そんな時はBIGLOBE光がおすすめ。提供エリアが断然広く、開通までもスピーディーですよ。
詳細ページ公式ページ