ネット回線

【2021年秋最新!光回線の速度比較】測定値から見るおすすめのキャリアランキング

【光回線の速度比較】測定値から見るおすすめのキャリアランキング

光回線の速度が遅いと気になる方は「どのくらいの速度があれば十分ネットを使えるの?調べる方法は?もっと速いサービスを使いたいな。」と思うことがあるのではないでしょうか。

今や光回線は生活になくてはならない必需品。

サクサク速いインターネット回線を使って、ストレスなく日々を過ごしたいですよね。

ひかりmama
ひかりmama
そこで今回は光回線の速度に関する情報や、主要キャリアのランキング、スピードテストを見たおすすめの光回線を紹介します!

簡単におすすめランキングを紹介すると、以下の表の通りです。
NURO光、auひかり、eo光などは速度が安定しており料金もお得です!

ランキングおすすめ光回線
1位NURO光
2位auひかり
【その他】一部の対象地域
【その他】エリア外の地域ドコモ光

インターネット環境を見直して、速度を改善する際の参考にしてくださいね!

光回線にはどれくらいの速度が必要?

光回線にはどれくらいの速度が必要?

光回線を使うにあたって、どのくらいの速度が必要なのでしょうか?

答えは、何をするかによって違います。

同じインターネットでもGoogle検索をするだけと、YouTubeを見るのでは通信容量が違いますからね。

では、どのくらいの速度があれば快適にインターネットを使えるのか、詳しく見ていきましょう!

ひかりmama
ひかりmama
 まずは、光回線で使われる用語を解説しますね!

・bps:Bit Per Second(一秒に何ビット送れるか)の略。
データ転送量を表す単位。高いほど速度が速い。
1,000Kbps=1Mbps
1,000Mbps=1Gbps

・上り:データを送信(アップロード)するときに使う表現。
例)メールの送信や写真の投稿など。

・下り:データを受信(ダウンロード)するときに使う表現。
例)ブラウザの閲覧、YouTubeの視聴など。

・Ping値:データの送受信に要した時間を表す数字。低いほど通信環境が良好。

これらの用語を知れば、インターネットの速度について理解が深まります!

では、どのくらいの速度があるといいのか、やること別に目安の数値を知っておきましょう。

やること必要な速度
SNSのやり取り128K~1Mbps
SNSの画像・動画投稿3~10Mbps
インターネット検索1~10Mbps
動画視聴5~20Mbps
オンラインゲーム30~100Mbps

このように、たいていのことは10~100Mbpsの速度があれば問題なくできます。

ひかりmama
ひかりmama
次は「どうやって速度を調べるの?」という疑問にお答えします!

今の回線速度を測る方法は?

今の回線速度を測る方法は?

みなさんは、今使っている光回線の速度を測定したことがありますか?

「遅いなぁ」と不満を持っていても、ちゃんと調べたことがある人は少ないのではないでしょうか。

ひかりmama
ひかりmama
今の速度を測る方法は簡単です!

Googleで「インターネット速度テスト」と検索し「速度テストを実行」というボタンをクリックするだけです。

光回線 速度 測定

これを押すだけで、無料で「上り」と「下り」両方の速度を調べられます。

気になる人はぜひ試してみてくださいね。

ひかりmama
ひかりmama
思ったよりスピードが出ていないときは、他の光回線への変更を検討してもいいかもしれません。

知っておきたい光回線の基礎知識

知っておきたい光回線の基礎知識

光回線のサービス情報には「ベストエフォート」「Ipv6」などの用語が出てきます。

ひかりmama
ひかりmama
なかなか聞きなれず、難しく感じられますよね…。

でも、きちんと理解すればそこまで複雑ではありません。

わかりやすく解説しますので、この機会に光回線の知識を身につけましょう!

ベストエフォートとは?

光回線の速度の話をするときに「1Gbps ※ベストエフォート」という表記を目にしたことのある人は多いと思います。

ベストエフォートとは、日本語でいうと「努力値」を意味します。

言い換えると「通信速度を保証するわけではない」ということです。

たとえば「1Gbps ※ベストエフォート」と記載されていたら「最大速度は1Gbpsだけど、混雑具合や時間帯によって変わります」という意味です。

そのため「1Gbpsだと思って申し込みをしたのに、実際測定したら20Mbpsだった!」なんてことはよくあるのです。

ひかりmama
ひかりmama
ほとんどの住宅向け光回線はベストエフォート型なので「常に最大速度が出ないのは当たり前」と考えておきましょう!

IPv6とは?

次に「IPv6」について解説します。

まずIPとは「IPアドレス」のことを指します。

ひかりmama
ひかりmama
インターネットで通信をする際に、通信先を認識するために割り振られる番号のことですね。

あなたが使っているスマートフォンやパソコンにもIPアドレスが割り振られていて、Webサイトなどを閲覧するときにIPアドレスを認識したうえで通信が行われます。

そしてIPアドレスの種類として覚えておきたいのが「IPv4」と「IPv6」の2つ。

違いを詳しく見てみましょう!

IPv4とIPv6の違い

IPv4:従来使われていたIPアドレス。全部で43億通りのパターンがある。
近年インターネットが発展を遂げてきたため、IPv4だけでは数が足りなくなっている。

IPv6:IPv4の枯渇問題を解決するために新しくできたIPアドレス。約340澗(かん)通りある。
新しい通信方式を採用し、直接データのやり取りができるので速度も改善されやすい。

このような違いがあり、通信を行う際はIPv6を割り振ったほうがスピードが速くなります!

混雑しない回線とは?

同じ1Gbpsでも、混雑する回線とそうでない回線があります。

両者の違いは「NTT回線」か「独自回線」かです。

NTT回線:NTTから借りている回線。全国におけるシェアが60%で、ユーザーが多い分混雑しやすい。

独自回線:光回線提供会社が独自で持っている回線。NTT回線より混雑しにくい。

光回線はNTTのサービスでなくても、NTTのフレッツ網を使用している光コラボがあります。

ひかりmama
ひかりmama
NTTの回線を借りて、自社のネットワークを流しているのです!

しかしNTT回線はたくさんの人が使用していますから、場所や時間帯によっては混雑し通信環境が悪くなります。

対して独自回線を使っているサービスなら、もともとの使用人数が少ないから混雑しにくいのです。

光回線を選ぶ際は、NTT回線と独自回線のどちらなのかも気にしてみましょう!

ルーターにもこだわろう

光回線の速度を改善するなら、ルーター(Wi-Fi機器)にもこだわることをおすすめします。

回線の質がよくても、ルーターの性能や規格によって実測値が変わることがあるからです。

ひかりmama
ひかりmama
具体的にどの規格だとどんな通信ができるのかを表にまとめましたので、参考にしてくださいね。
規格周波数帯最大転送量できること
11ax2.4GHz、5GHz帯9.6Gbps・高画質のオンラインゲーム
・4Kなどの映像受信
11ac5GHz帯6.9Gbps・テレビをネットに接続
・動画配信もサクサクみられる
11n2.4GHz、5GHz帯300Mbps・インターネットやSNS、動画チャンネルに接続できる
11g2.4GHz帯54Mbps・インターネットに接続できる

 

このように、規格が変わるとインターネットでできることの幅が広がります。

最上位規格は11ax、その次に11ac、11nと続きます。

ご自身が使われているルーターの規格は何なのか、一度チェックして見直ししてもいいかもしれませんね!

10Gbpsの光回線プランを比較!

10Gbpsの光回線プランを比較!

最近では10Gbpsの光回線を扱うキャリアも増えてきました。

主要なサービスを表にまとめましたので、料金を比較してみましょう。

NURO光 10Gauひかりホーム10ギガドコモ光10ギガソフトバンク光
ファミリー・10ギガ
フレッツ光クロス 10ギガコミュファ光 10Gホームeo光 10ギガコース
月額料金5,700円~6,160円~6,930円~6,930円~8,030円~4,980円+機器利用料~4,330円~
初期費用3,300円3,300円3,300円3,300円880円770円3,300円
工事費66,000円41,250円19,800円26,400円19,800円無料29,700円
※実質無料
対象エリア北海道、東京、
神奈川、埼玉、
千葉、
愛知、
静岡、大阪、
兵庫、奈良、
福岡の一部エリア
東京・神奈川・
埼玉・千葉の
一部エリア
東京23区全域、
狛江市、調布市、
三鷹市の一部エリア
大阪府大阪市、
愛知県名古屋市
東京の一部エリア、
大阪府大阪市、
愛知県名古屋市
東京都23区全域、
狛江市、調布市、
三鷹市の
一部エリア
愛知、三重、岐阜、
静岡、長野の
一部エリア
大阪、奈良、京都、
滋賀、兵庫、
和歌山、
福井の一部エリア

 

料金面ではNURO光、コミュファ光、eo光がお得なサービスといえそうですね。

コミュファ光は東海地方、eo光は関西地方を中心に展開しているので、他の地域に住んでいる方は使えません!

NURO光と大手3キャリアが展開している10Gのサービスは、東京を中心に各所に展開しています。

ただ、普段の生活でインターネットを使うだけなら、10Gbpsほどの大容量の回線が必要になることは滅多にありません。

そもそも回線が10Gbpsに対応しても、ルーターの性能が追いついていないケースもよくあります。

10Gbpsの回線を使っても、ルーターが1Gbps対応だと結局速度は1Gbpsに下がってしまいます。

ひかりmama
ひかりmama
ネット通販などで10G対応のルーターを購入できますが、2~3万円ほどするのであまり現実的な値段ではないですね!

したがって、光回線の速度を見るときは「10Gの回線が使えるかどうか」ではなく「実測値は安定しているか」に注目するのがおすすめです!

主要な光回線の速さを比較!

主要な光回線の速さを比較!

では実際の速度はどうなのか、主要な光回線を提供している9社を比較してみました。

それぞれのスタンダードなプランの速度や料金をまとめて、総合的におすすめなサービスも紹介します!

実際の速度は以下のサイトから引用しています。
引用元:みんなのネット回線速度

おすすめ度スタンダードプランの速度平均速度月額実質料金
NURO光最大2Gbpsダウンロード: 480.29Mbpsアップロード: 418.58Mbpsマンション約3,962円
戸建て約2,285円
auひかり最大1Gbpsダウンロード:378.69Mbpsアップロード: 290.42Mbpsマンション約5,701円
戸建て約4,867円
ドコモ光最大1Gbpsダウンロード:252.96Mbpsアップロード:194.37Mbpsマンション約5,440円
戸建て約4,400円
ソフトバンク光最大1Gbpsダウンロード:306.02Mbpsアップロード:198.6Mbpsマンション約4,857円
戸建て約3,317円
フレッツ光最大1Gbpsダウンロード:262.62Mbpsアップロード:196.0Mbpsマンション約6,487円
戸建て約5,203円
So-net光最大1Gbpsダウンロード:296.74Mbpsアップロード:209.82Mbpsマンション約4,285円
戸建て約3,075円
コミュファ光最大1Gbpsダウンロード:449.57Mbpsアップロード:301.05Mbpsマンション約4,504円
戸建て約3,904円
eo光最大1Gbpsダウンロード:462.33Mbpsアップロード: 312.35Mbpsマンション約5,306円
戸建て約6,091円
BIGLOBE光最大1Gbpsダウンロード:249.35Mbpsアップロード:196.73Mbpsマンション約5,008円
戸建て約3,816円

 

速度の面ではNURO光がダントツの1位となりました!

料金面もキャッシュバックの金額が大きく、実質料金が安いので総合的におすすめです。

NURO光の次は、コミュファ光とeo光がどちらも下り400Mbpsほどの速度になっています。

ただ使える地域が限られるので、お住まいの場所によってドコモ光なども検討するとよさそうですね。

おすすめ光回線ランキング

おすすめ光回線ランキング

速度と料金を踏まえて、総合的におすすめな光回線のランキングを作成しました!

ランキングおすすめ光回線
1位NURO光
2位auひかり
【その他】一部の対象地域
【その他】エリア外の地域ドコモ光
ひかりmama
ひかりmama
1位はNURO光、2位はauひかりです! 

ただお住まいの地域によって使えない場合もあると思いますので、対象地域の人にはeo光、コミュファ光が向いています。

もしエリア外の場所にお住まいなら、全国展開しているドコモ光にするといいでしょう。

それぞれのポイントをまとめました。

①NURO光

NURO光

出典:NURO光

一番おすすめなのはNURO光です。

ひかりmama
ひかりmama
スタンダードなプランでも最大2Gbpsの速さと業界でダントツのスピードです。

さらにNURO光は独自回線を使っているので、NTT回線のような混雑が起こりにくく、実際の測定値も数ある光回線の中で1位となっています。

新規契約の際は45,000円のキャッシュバック特典も受けられるので、この機会にぜひ活用しましょう!

↓お申し込みはこちらから!↓

②auひかり

auひかり

出典:auひかり

次におすすめするのはauひかりです。

auひかりはスマートフォンとのセット割が適用できるので、auと契約している端末1台につき最大1,100円の割引がききます。

回線もauの独自回線を使用しているため比較的安定しており、下りは約380Mbpsと高い数字を叩き出しています。

光ママおすすめの代理店アシタクリエイトではひかり電話などの他サービスの加入なしでキャッシュバックを翌月に一括で受け取ることができます!(普通の代理店ならたくさんオプションが付いて、もっと振り込み時期が遅いのが普通。。)

↓auひかりのお申し込みはこちら↓

【その他】対象エリアならeo光・コミュファ光もおすすめ

コミュファ光

出典:コミュファ光

対象のエリアに住んでいる方はeo光、コミュファ光もおすすめです。

  • eo光の提供エリア:関西地方(大阪、奈良、京都、滋賀、兵庫、和歌山、福井の一部エリア)
  • コミュファ光の提供エリア:東海地方(愛知、三重、岐阜、静岡、長野の一部エリア)

これらのエリアを中心にサービス展開しています。

どちらも回線速度が下り450Mbps前後で、スピーディーかつ安定しています。

ひかりmama
ひかりmama
大手キャリアと比較すると料金もお得なので、お住まいの地域が対象エリアなら一度検討してみてはいかがでしょうか。

↓eo光のお申し込みはこちらから↓

↓コミュファ光のお申し込みはこちら↓

【その他】エリア外ならドコモ光を使おう

ドコモ光 キャッシュバック

出典:ドコモ光

ここまで紹介したNURO光、auひかり、eo光などは、一部提供していないエリアも存在します。

お住まいの地域でどれも利用できなければ、ドコモ光の検討をおすすめします。

ドコモ光はNTTフレッツ網に準じているため全国展開しており、スマホとのセット割やキャッシュバック特典も実施しています。

気になる方は、まずは住んでいる地域やマンションにどんなプランがあるか、チェックしてみるといいでしょう。

↓ドコモ光のお申し込みはこちら↓

まとめ

おすすめ光回線ランキング

今回は光回線の速度をチェックする際に知っておきたい知識や、主要キャリアの実測値、おすすめの光回線を紹介しました。

速度を知るときは10ギガなどの数値だけでなく、実際の測定値やご自身が使っているルーターの規格などを見ることがポイントです。

まずはご自身が使っているインターネットの状況を見て、改善できる余地がないか確認してみましょう。

他の回線に乗り換える際は、NURO光やauひかりなどが速度・料金面ではおすすめです。

ひかりmama
ひかりmama
お得なキャッシュバックもあるのでぜひ確認いただき、快適なインターネット環境がある生活をゲットしましょう!