マンションタイプ

マンションタイプVDSLから光配線方式へ変更したい!方法と手順は?

マンションで光回線を利用しているけど、インターネットがなんだかとっても遅く感じる。

調べてみたら実は『VDSL方式』のマンションだった・・・

そんな場合、速度を早くするためにできることはないのでしょうか?

できることなら同じマンションタイプでも速度の速い『光配線方式』に変えたいですよね。

今回はそんなマンションタイプの『VDSL方式』から『光配線方式』へ変更する手順についてまとめてみました。

またVDSL方式と光配線方式の違いや、変更できなかった場合に速度を上げる対処法もご紹介しますね。

マンションタイプがVDSL方式で、速度の遅さに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

マンションタイプVDSL方式と光配線方式の違いは?

そもそも同じマンションタイプなのに、どうして2つの方式があるんでしょうか?

そしていったい何が違うのでしょう?

まずはVDSL方式と光配線方式の違いからご説明しますね。

マンションタイプVDSL方式とは?

マンションタイプVDSL方式は、電柱からマンションなどの共有スペースまで光ファイバーの光回線を1本引き込んでいます。

そしてマンション内の共用スペース(MDF)にマンションラックと呼ばれる各部屋へ信号を分岐する機器を設置しています。

引用:NTT西日本HP

そしてそこから先の各部屋までは、もともとある電話線(メタルケーブル)に光の信号を流しています。

この電話線を利用していることから、速度が遅くなってしまうんですね。

VDSL方式のメリット

VDSL方式のメリットは、もともと建物に通っている電話線を利用するので、工事の時間がとても早く済みます。

通常でも30分以内で工事が終わってしまうことが多いです。

また改めて線を部屋まで引き込む必要がないため、工事ができないといったこともほとんどないのがメリットです。

VDSL方式のデメリット

一方VDSLの致命的なデメリットは、やはり速度が遅いということ。

VDSL方式で使用する電話線は、もともと周りの環境などによって速度がとても落ちやすいです。

たとえば距離が長いだけでも速度は落ちてしまいますし、線自体の劣化によって速度が落ちることもあります。

それに加え、光ファイバー線のように高速の光回線を流すことがもともとできないため、最大速度も100Mbpsしか流せません。

光配線方式は1Gbps(=1,000Mbps)なので、単純に考えても最大10分の1の速度しか出ません。

  • 光配線方式・・・最大1Gbps(1,000Mbps)
  • VDSL方式・・・最大100Mbps

さらにその100Mbpsをマンション内で利用している住人みんなで分け合っていることになるので、夜間帯などみんながインターネットを使う時間帯は特に速度が落ちやすくなってしまいます。

 

マンションタイプ光配線方式とは?

一方マンションタイプの光配線方式も、図のように電柱から1本の光ファイバー線を建物の共有スペースまで引き込みします。

そしてその共有スペースにマンションラックを設置しているところまではVDSL方式と同じです。

そこから各部屋へ光の信号を流すのですが、その各部屋まで信号を流す線も光ファイバーの線を使用しているのが光配線方式です。

引用:NTT西日本HP

光配線方式のメリット

光配線方式のメリットは、部屋まで光ファイバー線で信号を伝えるためインターネット速度が速いということです。

マンションでマンションタイプを利用している人全員で速度を共有して利用するという部分では、VDSLタイプとは同じです。

ただし速度がもともと1Gbpsと早い上に速度が落ちにくいため、夜間帯などたくさんの人がネット接続をする時間でもある程度の速度が出ることが多いです。

光配線方式のデメリット

光配線方式にもいくつかデメリットもあります。

ひとつは光ファイバーの配線がもともとされていない建物の場合、配管に光ファイバーを通す工事が必要になるため工事料金が高くなってしまうことです。

前入居者が利用していたら引き込み工事は不用になりますが、その部屋で初めて使う場合はほとんどの場合光ファイバーの引き込み工事が必要になります。

もうひとつのデメリットは、マンションタイプが入っている建物でも工事ができない場合があるということです。

たとえばその部屋までの配管がつぶれてしまっていたり、リフォームで配管が切れていたりすると、その部屋だけでは光配線方式でのマンションタイプが利用できないなんてこともあります。

初めてその部屋で利用する場合には、確実に回線が開通できるかどうかは工事してみなければわかりません。

確率としては低いですが、まれに配管不良などで開通ができないといった場合があるのも事実です。

スポンサーリンク

VDSL方式と光配線方式は自分で選べるの?

どうせなら同じマンションタイプでも、速度が速い光配線方式を選びたいですよね。

けれど残念ながらマンションタイプの『VDSL方式』と『光配線方式』は、自分で選ぶことができません。

もともと建物に入っている設備になるので、指定された設備を利用するしかないんですよね。

なのでどうしても光配線方式がいいと思うのであれば、引越しの時点で導入されている設備を確認して建物を選ぶしかありません。

 

ただしVDSL方式と光配線方式どちらもが導入されている建物もあります

その場合は基本的にはどちらかを指定しなくても、優先的に光配線方式で開通の手続きを進めてくれます。

けれど担当者がよくわかっておらず、どちらも入っているにも関わらずVDSL方式の工事を進めようとしてしまう場合もあります。(’ほとんどないとは思いますが。)

なので必ず前もって、自分が入居する建物にはマンションタイプのどちらの方式が導入されているのかを確認しておいたほうがいいです。

管理会社などがよくわかっていなければ、工事の手続きを進める際に『光配線方式が希望なので、入っているかをきちんと確認してほしい。』と担当者に伝えましょう。

そうすれば光配線方式が入っているかを確認してくれ、入っていればそちらで手続きを進めてくれるはずです。

後々開通してから気づいても遅いので、必ず工事手配する時点で確認をしましょうね。

 

VDSL方式から光配線方式へ変えたい場合は?

マンションタイプを確認せずに入居してしまったけれど、VDSL方式から光配線方式へ変えたい!

そう思う人も多いですよね。

ここからは、そんな時はどうすればいいのかということをお教えしますね。

必ず変更できるわけではありませんが、あなたが動くことでマンション全体の設備が変わる可能性もあるので試す価値はあると思いますよ。

VDSL方式から光配線方式へ変えたいときは・・・

まず一番にしたほうがいいことは、管理会社や大家への直談判です。

現在入っているVDSL方式だととにかく速度が出ずに困っていること。

そして光配線方式に変更することで、物件の価値も上がり今後の入居者も見込めるなどといったことを訴えてみましょう。

管理会社や大家が乗り気になってくれれば、直接NTTへ連絡してもらって光配線方式へ変更したいことを伝えてもらえば、そのまま見積もりや現場調査をしてくれます。

そのまま問題がなければ、光配線方式の設備が入ることになります。

もともとVDSL方式が入っているのであれば、NTTの営業担当などがいるはずなのでその人宛に連絡してもらうのが一番早いです。

 

けれどそんなに簡単にもいかないのが実際のところ。

管理会社や大家へ掛け合っても、なかなか動いてくれないことも多いとは思います。

その場合はNTTや、自分が現在VDSL方式で契約している事業者へ直接連絡してみましょう。

もし今光コラボ回線を利用しているのであれば、その事業者への問い合わせて問題ないです。

そして今のVDSL方式から光配線方式へ変えたいことを伝えてください。

その時には、管理会社名や連絡先、担当者名などを伝えることを忘れずにしてくださいね。

そうすれば、NTTのマンションに営業をかける担当に取次ぎしてくれ、そこから管理会社へ折衝をしてくれます。

NTTも現在はVDSL方式から光配線方式への切り替えを進めているので、「速度が遅いから」という理由だけでもしっかり動いてはくれますよ。

けれどそこから話がうまく進むかどうかは、管理会社や大家次第です。

そこでNGを出されてしまうともちろん話はそこで立ち消えになってしまうので、いかに前もって管理会社などに訴求しておくかが大切になります。

 

実際私が回線事業者にいた時にもこういった依頼を何度かすることがありましたが、そのうち3分の1~4分の1くらいの割合で光配線方式が導入できていました

もちろんすぐに導入されるわけではなく、早くても2~3ヶ月、長いと1年近くたってから導入される場合なんかもあります。

けれど完全に可能性がゼロなわけではないので、ぜひ一度チャレンジしてみてもいいと思いますよ。

VDSL方式から光配線方式へ変える費用

もし新しく光配線方式がマンションに導入されて変更をするとなった場合、気になるのは費用ですよね。

建物に光配線方式のマンションタイプを導入する工事自体の費用は、自己負担ではなく建物側の負担になるので問題ないです。

けれど自分の部屋まで光配線方式で光ファイバー線を引き込むためには、品目変更という工事が必要になります。

その工事に関しては、基本的には自己都合になり特にキャンペーンなども行われていないため、完全に自己負担です。

料金は15,000円なので、お安くはないですよね。

けれどもしどうしても費用をかけたくないというのであれば、光配線方式が導入されたら速度の変更をするタイミングで、乗り返してみてもいいかもしれませんね。

今までフレッツ光を使っていたのであれば光コラボ回線へ乗り換えれば、新規工事費無料などのキャンペーンを利用して安く工事ができる可能性があります。

ただしその時に転用をしてしまうと品目変更の工事料金がかかってしまうので、必ず一度今までの回線は解約した上で乗換えをするようにしましょう。

解約料の負担もしてもらえるところへ乗り換えすれば、自己負担額はほとんどなく乗り換えできるかもしれませんよ。

乗り換え後も今まで利用していた電話番号を引き継ぎたい場合は、乗換えをしないほうがいいかもしれません。

実際に乗り換えすると番号が引き継げなかったり、また一度アナログ戻しをしなければいけない場合もあります。

そうなると余計に費用がかかってしまったりするので、前もって確認したうえで慎重に乗換えをしてくださいね。

スポンサーリンク

光配線方式へ変更できなかった場合の対処法

もし管理会社や大家から光配線方式導入に対していい返事がもらえなかった場合、速度が遅いことに関しては引越しするまで諦めるしかないんでしょうか?

いえいえ、実はまだ速度を早くするためにいくつか対処できる方法はありますよ。

ここからは光配線方式がNGだった場合の対処策をお教えしますね。

他社へ乗り換える

たとえばNTT東/西のフレッツ回線で光配線方式が導入できなかった場合、他の回線に乗換えをしてみるのが一番手っ取り早いです。

たとえばauひかりやNURO光、ケーブルテレビなどへの乗り換えで、光配線方式が利用できる場合があります。

この中では特に、すべての回線が光配線方式を利用しているNURO光がおすすめです。

まだエリア的に制限がありますが、対応エリアであればフレッツよりもお安く利用ができますよ。

しかも建物内に4名以上希望者が集まれば、マンションタイプが入る可能性もあります。

そうなれば2,500円でインターネットが利用できるようになるのでとってもお得です。

詳しくはこちらへ↓↓↓



NURO光新規申込みキャンペーン実施中!

ただし現在VDSL方式が入っていて光配線方式が入っていないということは、何らかの設備上の問題がある場合も多いです。

そういった場合は他社の光配線方式を入れることも難しいかもしれませんね。

個人でファミリータイプを導入する

今の回線を解約して他社に乗換えをするには、解約料もたくさんかかったり工事費の残債も高くなるので難しい。

そんな時は、回線速度を早くするために今のマンションタイプからファミリータイプへ変更してしまう方法があります。

マンションなどの集合住宅に住んでいても、ファミリータイプの申し込みは可能なんですよ。

もちろんその場合は、管理会社や大家などの許可は必要になります。

けれど光配線方式がOKもらえなかったから個人的にファミリータイプを引きたいと訴えれば、OKしてもらえる可能性も高いと思いますよ。

 

また1本の光ファイバー線を部屋まで引き込むことになるので、建物の構造上物理的にできない場合も考えられます。

たとえば10階以上の高層階で使用したい場合などは、工事自体ができないことも多いです。

けれどそういうわけでなければ、許可さえ出れば一度ファミリータイプへの変更を申し込んでみるのもいいと思います。

やってみてできなければ工事料金はかからないですし、もし工事できれば速度は最大1Gbpsへ変更になります。

 

ただしマンションタイプよりもファミリータイプのほうが、1,000円以上基本料金が高いですのでそこは考慮したうえで検討してくださいね。

またマンションタイプからファミリータイプへの変更の工事費用も、2万円ほどかかってしまうので注意してください。

モバイルルーターやソフトバンクエアーを利用する

速度があまり出ないと思われがちなモバイルルーターですが、実際は最大100Mbpsを複数世帯で分けて利用するマンションVDSL方式より速度が出る場合が多いです。

利用エリアにもよりますが最低でも10~15Mbps以上出る場合がほとんどなので、夜間になって2Mbpsしか出ないなんていうVDSL方式に比べると早いですよね。

しかもモバイルルーターなら持ち運びもできるので、外でもタブレットなどを使いたい人にはおすすめです。

通信制限がないプランでも、4000円前後で利用できるのでマンションタイプとほとんど変わりませんよ。

特にお勧めはこのKDDI回線を使用した新しいWiMAX【3WiMAX】です。


KDDIのWiMAX【3WiMAX】

月額も安い上に、au携帯を利用していると携帯料金が割引になるスマートバリューにも加入できます。

いろいろお得になるので、au携帯を利用している人はぜひ乗換えを検討してみてもいいかもしれませんね。

 

また持ち運びはできませんが、ソフトバンクエアーも開通工事は不要でコンセントにさすだけで利用ができるので手軽にはじめられます。

私の実家でソフトバンクエアーを利用しているのですが、先日帰省したときに始めて利用してみたところ、自宅で利用している光回線とまったく変わりありませんでした。

ソフトバンクの携帯を利用している場合は携帯料金の割引もありますよ。

屋外での利用はないのであれば、ソフトバンクエアーがいいかもしれませんね。

ただし10階以上の高層階ではソフトバンクエアーは対応していないので、10階以上にお住まいの方は注意してくださいね。


SoftBank Airなら【SoftBank Airキャンペーン】

まとめ

いかがでしたか?

もし今住んでいるマンションにVDSL方式しか入っていない場合は、速度の遅さが気になることも多いと思います。

同じマンションタイプの料金を支払っていて、光配線方式は1GbpsなのにVDSLは100Mbpsしか出ないのは不公平ですよね。

変更を希望する場合は、まずは管理会社などに取り合ってもらえないか確認してみましょう。

もし無理そうなら、個別にファミリータイプへ変更するか、もしくは他社回線やモバイルルーターなどに乗換えをしてみるのもひとつの手です。

せっかくのインターネット環境なので、ストレスを感じずに快適に利用したいですよね。

マンションタイプVDSL方式の速度の遅さに悩んでいる人の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

 

ひかりmamaおすすめ光回線

★☆ドコモ携帯をつかっているならドコモ光★☆★
最大15,000円キャッシュバック+dポイント最大30,000ポイント
ドコモ光セット割で携帯料金がお得
無線ルーターを無料レンタル
評価
おすすめのポイント ドコモ携帯を使っているならドコモ光一択です。長く使えば使うほど割引額も高くなりますよ。数あるプロバイダの中でも、GMOとくとくBBならIPv6対応で、無線ルーターも無料でレンタルできるのでとっても快適です。
詳細ページ公式ページ

 

★☆Softbank携帯を使っているならSoftbank光★☆★
最大32,000円キャッシュバック
おうち割で毎月最大1000円割引
開通までSoftbank Airレンタルあり
評価
おすすめのポイント ソフトバンク携帯ならソフトバンク光がおすすめ。おうち割で携帯料金がお安くなります。開通までの間Softbank Airをレンタルしてくれるのも助かりますね。
詳細ページ公式ページ

 

★☆au携帯を使っているならBIGLOBE光★☆★
最大25,000円キャッシュバック
スマートバリューで携帯料金割引
auスタートサポートで他社解約金を負担
評価
おすすめのポイント au携帯の人にはauひかりもおすすめですが、auひかりはエリア外になることも多いです。そんな時はBIGLOBE光がおすすめ。提供エリアが断然広く、開通までもスピーディーですよ。
詳細ページ公式ページ