テレビ回線

一軒家のテレビでBS放送を見るには?アンテナ以外ケーブルテレビ等でも視聴可能?

最近面白い番組が増えてきて、『BS放送を見てみたいな』と思う人は多いですよね。

けれど普段地デジしか見ていない場合って、BS放送はどうすれば見れるんでしょうか?

特に一戸建ての場合は、必ず自分でBSを視聴する手段を準備しなければいけません。

今回はそんな、一軒家でBS放送を見たいと思っている人のためにBS視聴方法をまとめてみました。

アンテナを購入する前に、ぜひご覧くださいね。

新築の一軒家でテレビ自体を見る方法を調べている方は、こちらの記事もどうぞ。

新築戸建てはテレビが映らない?アンテナか光かケーブルどれがいいのか教えます。念願の新築戸建てのマイホーム!! 引越しも無事終わってまずはテレビでもつけようかと思ったら・・・ 『あれ?線をつないで電源を...
スポンサーリンク

一軒家でBS放送を見る方法

まずは一軒家でBS放送を見る方法について、お伝えしますね。

一軒家でBS放送を見るには、以下の方法があります。

一軒家でBS放送を見る方法
  • パラボラアンテナ
  • ケーブルテレビ
  • フレッツテレビ
  • 電力系インターネット回線のテレビサービス

このどれかの方法を選ぶことで、BS放送を視聴できるようになりますよ。

どういった方法かをひとつずつご説明しますね。

パラボラアンテナ

昔からあるBS放送の視聴方法で、1番一般的なのが『パラボラアンテナ』を設置して視聴する方法ですね。

円盤のようなアンテナを、屋根やベランダなどに設置することでBSの電波を受信することができます。

 

アンテナのメリット

  • 月々の費用がかからない(無料のBS放送のみ)
  • 契約は不要なので、視聴しなくなったときにはアンテナを撤去するだけ
  • 自分でアンテナ設置も可能なので、工事費を節約できる

パラボラアンテナでBSを見る1番のメリットは、月々の費用がかからないということです。

アンテナで見る地デジと同じように、BSの無料で視聴できるチャンネルに関しては、受信費用をかけずに視聴ができます。

またアンテナ自体に電源も不要で、テレビやブースターの電源からBSアンテナへ電源が供給されます。

アンテナの料金と設置費用はかかりますが、自分で購入して設置することもできます。

楽天やAmazonなどで販売されている、こういったアンテナを購入すればOKです。

 

室内に設置用のスタンドとのセットもあるので、もし出窓や窓際などに設置したい時や、ベランダに置くだけにしたい場合は便利ですね。

 

ただしBS放送をパラボラアンテナで受信するためには、必ず南西の方角にアンテナを向ける必要があります。

購入前にきちんと電波を受信できるかの確認をしてくださいね。

スマホのアプリでBSの電波状況を確認できるものがあるので、ご紹介しておきますね。

BSコンパス
BSコンパス
開発元:NIPPON ANTENNA CO., LTD.
無料
posted withアプリーチ

 

またベランダなどにアンテナを設置し、室内のTVまで引き込むテレビ線は『すき間ケーブル』と呼ばれるものを使用します。

通常のテレビ線より薄かったり細かったりするので、窓が閉まらないといったこともなく便利ですよ。

 

アンテナのデメリット

  • 天候や場所によって、映りが左右される
  • 屋根にアンテナ設置する場合は、業者への依頼が必要

アンテナでBSを視聴する1番のデメリットは、アンテナを設置する場所や天候によって映像が左右されてしまうということです。

どうしても衛星からの電波を受信しているため、台風など悪天候だと画像が乱れたり、最悪映らなくなることも考えられます。

また室内に設置する場合は、カーテンなどがあったりすると映りが悪くなるので、窓際の何もない場所に設置する必要があります。

場所によっては屋根でもBSが受信できない場合もあるので、そういった場合は他の方法を探すしかありませんね。

 

また屋根にアンテナ設置をしないと視聴できない場合は、業者に依頼して設置してもらうのが確実です。

自分で屋根に上れる人はいいですが、慣れないことをして怪我をしては元も子もないので注意してくださいね。

一度先ほど紹介したアプリで自宅の受信状況を確認し、問題なく視聴できそうであればアンテナが1番手軽に視聴できる方法ですね。

探してみたら、とってもよさそうなアンテナ業者を見つけました!



累計問合せ件数135万件!アンテナのことなら【アンテナ110番】

15,000円からでBSアンテナ工事をしてもらえるようです。

日本全国対応しているようなので、一度お見積もりしてもらってもいいかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

ケーブルテレビ

2つめは地域のケーブルテレビに依頼をして、BS放送を視聴する方法です。

ケーブルテレビというのは、その名のとおり自宅までケーブルを引いてきてTVを視聴する方法です。

各地域によって会社はたくさんありますが、全国的には J:COM が1番大きなケーブルテレビ会社として有名ですね。

まだまだたくさんあるので、自分の地域に対応しているケーブルテレビ会社を調べてみてください。

Yahoo!やGoogleなどで

『○○(地域名) ケーブルテレビ』

と検索したら出てきますよ。

 

ケーブルテレビのメリット

  • アンテナ不要
  • 天候によって映像が左右されない
  • ネットや電話も一緒に利用可能だが、テレビだけの利用も可能
  • CS放送のチャンネルも豊富
  • auスマートバリューが対象になる場合が多い(電話契約要)

ケーブルテレビはアンテナと違って有線のため、天候や場所によって映像が左右されることはありません。

そのためいつでも、安定してきれいな映像を視聴することができます。

 

またケーブルテレビではネットや電話のサービスも提供しているので、すべてを1つにまとめて利用することもできます。

逆にテレビサービスのみの利用も可能なので、融通がききますよね。

インターネットを利用しなくても、テレビと電話のみという利用方法も可能です。

CS放送(専門チャンネル)も豊富なので、通常の民放以外に映画チャンネルやスポーツチャンネルなどが見たい人にも、おすすめのサービスです。

 

またケーブルテレビはKDDI系列の会社が多いため、auのスマホ料金がお安くなる『スマートバリュー』の対象になることが多いです。

ただしスマートバリュー適用のためには、固定電話の契約も必要になるので注意してくださいね。

電話をアナログ電話で利用しているのであれば、ケーブルテレビに切り替えることでスマホ料金を下げることができるかもしれませんよ。

ちなみにさきほど上記で紹介したケーブルテレビ会社は、すべてスマートバリューに対応している会社になります。

 

ケーブルテレビのデメリット

  • CS放送とのセットプランになってしまうため、テレビの基本料金が高い
  • 必ず導入工事が必要
  • 解約時に撤去工事が必要
  • 契約期間に縛りがある

ケーブルテレビの1番のデメリットは、テレビの視聴に伴って必ずCS放送の視聴がセットでついてきてしまうということです。

地デジとBSデジタルの無料放送のみという契約は、基本的には難視聴地域などに指定されていない限りはできません。

そのため、テレビだけの契約でも必ず有料放送のCSチャンネルの契約がセットになってしまうんですね。

特に有料放送は不要だという人には、ケーブルテレビは向いていないので注意してください。

 

また電柱からケーブルを引き込まなければいけないため、必ず立会いを必要とする工事が発生します。

もちろん工事時にはチャンネル設定などまでしてもらえますが、工事をせずに視聴を開始することはできません。

またJ:COMなどは、解約時にも撤去工事が必要となるので注意が必要です。

2年契約や3年契約と縛りがある会社が多いので、解約をするときにもタイミングをみないと解約金がかかってしまうことも多いのが、デメリットですね。

 

フレッツテレビ

フレッツテレビはNTT東日本/西日本が提供している、フレッツ光回線を利用したテレビサービスです。

フレッツ光のインターネット回線の契約があり、なおかつフレッツテレビの対象エリアであれば利用することができます。

フレッツテレビ対応エリアはこちらで確認してくださいね。

現在はフレッツ光だけでなく、ドコモ光やSoftBank光、OCN光などの光コラボレーションでもフレッツテレビの契約は可能です。

そのため、携帯とテレビ、インターネット、電話の契約をすべてひとまとめにできたりするのが特徴ですね。

 

フレッツテレビのメリット

  • アンテナ不要
  • 天候や場所に左右されない
  • 地デジとBSのみの契約が可能
  • 追加でスカパーの専門チャンネルの視聴も可能
  • 携帯料金の割引も可能(電話契約要)
  • 解約時にも撤去工事は不要な場合が多い(東日本のみ)

フレッツテレビはケーブルテレビと同じく、有線で自宅へ引き込んだ光ケーブルを利用してテレビを視聴するので、回線が安定しているのが特徴です。

天気が悪くても映りには影響しません。

 

またケーブルテレビと違う点として、テレビのサービスに専門チャンネルの契約が不要です。

そのため地デジとBSデジタルのみの契約で、月々750円というお安いお値段でテレビの視聴が可能です。

専門チャンネルが不要な人にとっては、ありがたいですよね。

 

また各携帯会社と提携している回線を利用することで、スマホや携帯の料金も割引にできるのがうれしいポイントです。

それぞれの携帯会社でお得になる、フレッツテレビを申し込めるサービスをまとめておきますね。

スマホの割引を受けるためには固定電話の契約が必須です。

自宅にアナログ電話があればこの機会に光電話へしてしまうと、携帯料金がお安くなるかもしれませんよ。

 

フレッツテレビのデメリット

  • インターネットの契約が必ず必要
  • 必ず立会い工事が必要
  • 工事費用が高め

フレッツテレビの1番のデメリットは、必ずインターネットの契約が必要ということです。

インターネットが主契約となり、オプションにテレビサービスを追加する形になるので、ネットが不要になってもテレビを残して解約することはできません。

そのためインターネットが今後不要になる可能性がある人には、向いていないサービスになります。

 

またケーブルテレビと同じで、必ず回線の引き込みが必要になるため立会い工事が発生します。

もし今フレッツ光やドコモ光などの契約がある場合でも、フレッツテレビを追加するには必ずもう1度立会い工事が必要になります。

また工事費用はテレビの台数にもよりますが、複数台テレビがある場合は3万円程度の費用は必ずかかります。

テレビ工事費用のキャンペーンも、ほとんど行っていないのですべて全額負担が必要です。

 

フレッツテレビの工事料金については、こちらのブログにまとめています。

フレッツテレビの工事料金はいくらかかる?初期費用と工事内容を細かく解説。フレッツ光を利用していれば申し込むことができるフレッツテレビ。 アンテナなしで地デジやBSデジタルが視聴でき、料金も月々660円と...

 

また高額になりがちなフレッツテレビの共聴設備接続工事費をお安くする方法は、こちらにまとめました。

もしフレッツテレビの工事費用を節約したい場合は、自分でできる可能性も見るので確認してくださいね。

フレッツテレビの工事は自分でできる?高い共聴工事費を節約する方法。フレッツテレビを導入する時に、戸建てだと必ず案内されるのが共聴工事(共聴設備接続工事)という配線工事。 値段は19,800円と決し...
スポンサーリンク

電力系インターネット回線のテレビサービス

実はもうひとつ、テレビを視聴できるサービスがあります。

スポンサーリンク

それが電力系のインターネット回線

ネットや電話、テレビが契約できる回線になります。

ただし関西電力や四国電力など地方の電気会社が運営しているので、対象地域でないと利用はできません。

もし住んでいるのが対象地域であれば、フレッツテレビと同じようにネット+テレビでの利用が可能です。

 

電力系インターネットのメリット

  • アンテナ不要
  • 5年などの長期契約で、月々の料金がかなり安くなる
  • 地域密着型のサービスのため、安心
  • 加入時のキャンペーン金額が高い
  • テレビサービスのみで契約できる会社もある

電力系インターネット回線は、地域密着型で長く利用してもらうことを前提に提供しているので、3年や5年などと長い契約をすることで月々の料金がかなりお安くなります。

しかも電力系のインターネット回線は、代理店からの加入でかなりキャンペーンがいいのも特徴です。

中には10万円を超えるキャッシュバックがあるところもあるので、かなりお得です。

 

また基本はフレッツテレビと同じように、インターネット回線とのセット契約が必要なのですが、中にはeo光など、テレビサービスのみでの契約が可能な回線もあります。

電力系のインターネット回線が契約できる場合は、選択肢に入れてみてもいいと思いますよ。

もしお住まいの地域が対応しているなら、ぜひこちらの記事もご覧くださいね。

電力系の光インターネットが狙い目!?フレッツ系より安くてお得!?インターネット回線の申し込みや乗換えを検討するときに、まず頭に思い浮かぶのは光回線ですよね。 フレッツ光 au光 ...

 

電力系インターネットのデメリット

  • 対応している地域が限られている
  • 解約金が高め
  • 引越しが多い人には不向き

どうしても地域が限られているサービスのため、利用できない人がおおいというのが1番のデメリットですね。

対応の県に住んでいても、実際は山際や海沿いまでは提供されていないといったこともあるので、まずは利用ができるかの確認が必要です。

引越しが多い人も、移転先がエリア外になってしまう可能性が高いので注意が必要です。

 

また長期契約で割引が大きい分、契約期間内での解約時に支払う解約料金が大きいのも特徴です。

契約したけれどやっぱり必要なくなったという場合に、簡単に解約できないので気をつけてくださいね。

どのBS視聴方法がおすすめ?

現在すでに地デジを視聴しているのであれば、その地デジの視聴方法でBS放送も視聴できる可能性があります。

ケーブルテレビやフレッツテレビ、電力系インターネット回線のテレビサービスを利用しているのであれば、必ずBS放送は見れるはずです。

もし視聴できないというのであれば、恐らく配線が間違えていたり配線されていないだけかと思われます。

契約している回線会社に一度、問い合わせをしてみてくださいね。

 

ただし現在地デジをアンテナで視聴していて、BSアンテナがないのであれば必ず何かの方法でBSを追加する必要があります。

どういった人がどの視聴方法が向いているのかを、まとめてみますね。

インターネットを使わない

⇒アンテナ・ケーブルテレビ・eo光

インターネットを利用しないのであれば、1番最初に除外するのはフレッツテレビですね。

必ずネット契約が必要になるので、テレビの費用は750円とお安くても不要なネットの基本料金がかかってしまいます。

もしインターネットを利用しなくて1番手軽にBSを見たいのであれば、やはりパラボラアンテナの設置が早いと思います。

けれどアンテナを立てなくない場合は、テレビのみの契約が可能なケーブルテレビやeo光の契約がお勧めです。

 

インターネットを利用する

⇒フレッツテレビ・電力系インターネット回線のテレビサービス

インターネットも利用するのであれば、ネットとテレビを一緒に契約ができるサービスがお勧めです。

特にフレッツテレビや電力系のインターネットサービスは、回線速度も速いので快適にネットが利用できます。

ケーブルテレビもネットとのセットは可能ですが、テレビ線を利用しているため速度が遅かったり、また速い速度を選ぶと料金が上がってしまうのであまりおすすめできません。

 

新築

⇒ケーブルテレビ・フレッツテレビ・電力系インターネット回線のテレビサービス

新築の場合は、屋根がの痛みや外観を気にしてアンテナを立てない家が多いです。

そういった場合は、やはり有線でアンテナなしで視聴ができる方法がお勧めです。

新築のテレビの視聴方法は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

新築戸建てはテレビが映らない?アンテナか光かケーブルどれがいいのか教えます。念願の新築戸建てのマイホーム!! 引越しも無事終わってまずはテレビでもつけようかと思ったら・・・ 『あれ?線をつないで電源を...

 

CS放送や有料チャンネルは不要

⇒アンテナ・フレッツテレビ

有料のCSチャンネルの契約が不要な場合は、もれなくついてくるケーブルテレビや電力系のネット回線はお勧めできません。

BSアンテナかフレッツテレビで、無料のチャンネルだけを視聴するのがお得ですね。

どちらの方法でも、スカパーを追加で契約するだけでCS放送も見れるようになるので、後から有料放送を視聴したくなった場合も便利ですよ。

⇒スカパーの詳細はこちら

 

まとめるとこんな感じになりますね。

ぜひ自分の利用方法にあった、BSの視聴方法を見つけてくださいね。

アンテナケーブルテレビフレッツテレビ電力系
インターネットを使わない
インターネットを利用する
新築
CS放送や有料チャンネルは不要
月々を安くしたい

 

一軒家でBS放送を見るために必要なもの

一軒家でBS放送を視聴するために、もうひとつ必要なものがあります。

それは『BSチューナー内蔵テレビ』です。

最近のテレビであればBSチューナーが内蔵されているものばかりなので、よっぽど古いテレビでない限りはほとんどが大丈夫だと思います。

心配な場合は、テレビのリモコンを見てBSボタン・CSボタンがあるかを確認してみてください。

またテレビの裏側を見て、『BS/110度CS入力』と書かれている差込口があればOKです。



無料で見れるBS放送のチャンネルは?

現在民放と同じように無料で視聴できるBS放送は

NHK3チャンネル、BS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSジャパン、BSフジ、BS11デジタル、TwellV

です。

WOWOWやスターチャンネルは、有料になるので別途費用が必要です。

NHKの受信料は?

NHKの受信料に関しては、基本的には支払いが必要です。

ケーブルテレビやフレッツテレビの視聴をしている場合でも、NHKの受信料は含まれていないので、別途支払いが必要になります。

ただしケーブルテレビの事業者によっては、NHKの団体割引の金額で月額料金と一緒にNHKの受信料を請求している会社もあるようです。(フレッツテレビにはNHK料金は含まれていません。)

NHKのHPにも、このように記載されていました。

ケーブルテレビ会社の中には、ケーブルテレビの利用料とともに、NHKの受信料をあわせてお客様に請求している場合もあります。
これは、ケーブルテレビ会社がNHKの受信料のとりまとめをすることにより受信料が割引になるからですが、その場合はケーブルテレビ会社の請求内訳のお知らせなどにNHKの受信料を含む旨の表示があります。

引用:NHK HP よくある質問集

そのためNHKの受信料が月額に含まれているのかは、契約するケーブルテレビ会社へ別途確認しておいたほうが安心ですね。

 

一軒家でBS視聴 まとめ

一軒家のBSの視聴方法についてまとめてみました。

実際にBSアンテナを設置するのは、案外簡単ですし、業者に頼んでもすぐに取り付けはしてくれます。

けれどもし、ネットや電話などほかのサービスも利用しているのであれば、この機会にアンテナ以外の視聴方法に切り替えるもいいかもしれません。

アンテナも撤去でき、天候に左右されずにテレビを視聴できるようになりますよ。

一戸建てでのBSの視聴方法について悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

https://hikari-mama.com/antena-ftv-chigai ‎

スポンサーリンク
 

ひかりmamaおすすめ光回線

ひかりmama
ひかりmama
私ひかりmamaが、自信をもっておすすめする光回線をご紹介します!
★☆ドコモ携帯をつかっているならドコモ光★☆★
最大15,000円キャッシュバック+dポイント最大30,000ポイント
ドコモ光セット割で携帯料金がお得
無線ルーターを無料レンタル
評価
おすすめのポイントドコモ携帯を使っているならドコモ光一択です。長く使えば使うほど割引額も高くなりますよ。数あるプロバイダの中でも、GMOとくとくBBならIPv6対応で、無線ルーターも無料でレンタルできるのでとっても快適です。
詳細ページ公式ページ  
★☆Softbank携帯を使っているならSoftbank光★☆★
最大32,000円キャッシュバック
おうち割で毎月最大1000円割引
開通までSoftbank Airレンタルあり
評価
おすすめのポイントソフトバンク携帯ならソフトバンク光がおすすめ。おうち割で携帯料金がお安くなります。開通までの間Softbank Airをレンタルしてくれるのも助かりますね。
詳細ページ公式ページ  
★☆au携帯を使っているならBIGLOBE光★☆★
最大25,000円キャッシュバック
スマートバリューで携帯料金割引
auスタートサポートで他社解約金を負担
評価
おすすめのポイントau携帯の人にはauひかりもおすすめですが、auひかりはエリア外になることも多いです。そんな時はBIGLOBE光がおすすめ。提供エリアが断然広く、開通までもスピーディーですよ。
詳細ページ公式ページ