電力系インターネット

電力系の光インターネットが狙い目!?フレッツ系より安くてお得!?

インターネット回線の申し込みや乗換えを検討するときに、まず頭に思い浮かぶのは光回線ですよね。

  • フレッツ光
  • au光
  • NURO光
  • 光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光など)
  • ケーブルテレビ

たくさんの光回線があって、どれにすればいいのか迷ってしまいますよね。

けれど今回、その選択肢の一つに加えてもらいたいのが電力系のインターネット回線です。

 

『電力系?なにそれ?』

って思うかもしれませんが、もしあなたが東海地方より西にお住まいならちょっとこの記事を読み進めてみてください。

もしかするととってもお得な回線が見つかるかもしれませんよ。

今回はそんな、以外にお得で便利な電力系のインターネット回線についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

電力系の光インターネット回線って何?

電力系の光インターネット回線とは、名前のとおり電力会社のグループ会社が提供している光回線のインターネットサービスです。

現在インターネット回線を提供している電力会社は5社。

  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力

見てお分かりのとおり、西日本しか提供している電力会社はないんです^^;

けれどもし、お住まいの地域が上記の電力会社の提供エリアに当てはまっている場合は、電力系の光インターネットサービスが利用できるかもしれませんよ。

 

では続いて、具体的なサービス名と提供エリアをお伝えしますね。

電力会社系列が提供しているインターネット回線一覧

電力会社が提供しているインターネット回線をまとめてみました。

サービス名提供会社名/電力会社提供エリア
コミュファ光中部テレコミュニケーション/中部電力愛知県 静岡県 岐阜県 三重県 長野県
eo光ケイオプティコム/関西電力大阪府 京都府 兵庫県 奈良県 滋賀県 和歌山県 福井県
メガエッグエネルギアコミュニケーションズ/中国電力広島県 岡山県 山口県 島根県 鳥取県
PikaraST Net/四国電力香川県 愛媛県 徳島県 高知県
BBIQ九州通信ネットワーク/九州電力福岡県 長崎県 佐賀県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県

電力会社が直接光回線を提供しているわけではなく、電力会社系列のグループ会社が提供しているサービスになる為、提供会社名はそれぞれ別会社名となります。

提供エリアに該当していても、実際はエリア外と判定される場合もあります。

その為実際に利用ができるかどうかは、各回線業者への確認が必要です。

 

電力系インターネットと光コラボとの違いは?

○○光という名前が多いので、ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボ回線と間違いやすい電力系のインターネット回線。

けれど光コラボ回線とはまったく異なるので、注意してくださいね。

  • 光コラボ⇒NTT東/西のフレッツ光回線を利用。各事業者がプロバイダをセットで販売している回線
  • 電力系⇒各電力系のグループ会社が独自で引いている光網を利用。プロバイダはセットの場合がほとんど。

何より大きな違いは、利用している回線です。

光コラボはフレッツ光の回線を利用しているので、基本的にはフレッツが提供されているエリアではどこでも利用が可能です。

一方の電力系のインターネット回線は、電力グループ会社が独自で光回線を引いているので、提供エリアがその電力会社のエリアに限られるんですよね。

なので利用したくても提供エリア外ということが多いので、注意が必要です。

スポンサーリンク

電力系インターネット回線のメリットは?

電力系のインターネット回線って、何がいいの?って思う人も多いはず。

メリットをまとめてみました。

プロバイダと一緒の契約でわかりやすい

インターネットの回線を利用するには、必ずプロバイダとの契約が必要です。

プロバイダって何?

水道管と水でたとえるとわかりやすいのですが、フレッツ光などの回線は水道管。

その水道管に水を流す(インターネットへの接続をする)のがプロバイダの役割です。

なので水道管だけがあっても水が流れていないと意味がないのと一緒で、回線だけの契約があってもプロバイダ契約をしていないとインターネットに接続ができないんです。

フレッツ光のようにプロバイダが別契約だと、料金が回線事業者とプロバイダの2社から請求される為にわかりにくいです。

ですが電力系のインターネット回線は、ほとんどが独自のプロバイダを持っています。

なので別途プロバイダの契約をしなくても、インターネットの接続が可能です。

請求も一括になる為わかりやすく、料金も抑えられるのがメリットですね。

※東海地方のコミュファ光のみは、プロバイダ一体型以外に自分でプロバイダを選べる選択型もあります。

 

速度は1G対応がほとんど

気になる速度も、フレッツやauひかりなどと変わらない最大1Gのサービスが提供されています。

中にはコミュファ光のように5Gや10Gという、フレッツなどでは対応していないような高速の回線を提供している会社もあります。(一部エリアのみ)

ただしもちろん実際にはフレッツと同じでベストエフォート型サービスの為、確実にその速度で提供できるという保障はないのでご注意ください。

またマンションタイプの場合は、もともとの設備で速度が決まってしまっている為、100Mの対応の建物もあります。

ただし5M以上の速度が出れば、通常のインターネット閲覧などには支障がないといわれています。

動画視聴でも10~20Mほどあれば、あまりストレスも感じることはありません。

その為オンラインゲームをする人や、速度にこだわりがある人以外はあまり気にしなくていいレベルですね。

 

電気やガスと組み合わせて、お得に利用できる

電力系のインターネット回線各社では、電気やガスの契約をあわせることで月々ポイントがもらえたり電気料金の割引があったりと、さらにお得になります

また関西エリアではeo電気という電気会社まであるんです。

同じ関西電力のグループ会社なのになぜ?とも思いますが、eo光を利用するのであればeo電気に切り替えたほうがお安くなります。

電気とガスはライフラインとして必ず利用するものなので、少しでもお安くなるのはうれしいですよね。

 

ネット+電話+テレビの契約ができる

auひかりやNURO光では提供されていないテレビサービスも、電力系の回線だと利用できます。

フレッツ光が提供するフレッツテレビと同じように、アンテナなしで地デジやBSの視聴ができるんです。

アンテナなしだと天候によって画像が乱れたり、近くに高層マンションができることで視聴ができなくなったりということもありません。

テレビの契約もかなりお得なお値段の会社が多いので、ケーブルテレビへ申し込みするよりもお安くなることが多いですよ。

 

auスマホや携帯を使っているならさらにお得!

もしあなたがauのスマホや携帯を使っているなら、さらにお得に利用ができます。

なんと電力系のインターネット回線5社は、すべてKDDIのグループ会社のためスマートバリューの対象なんですよ!

それぞれ光電話の契約は必要ですが、電話の料金より割引額のほうが大きくなる可能性が高いです。

特に家族が全員au携帯を利用している場合には、ぜひスマートバリューを利用してお得に利用してくださいね。

スポンサーリンク

電力系インターネット回線のデメリットは?

メリットばかりを書いてきましたが、デメリットももちろんあります。

申し込む前には、必ずチェックしておいてくださいね。

地域限定の為、利用できない場合が多い

各地域の電力会社が提供している為、どうしても提供エリアが狭いというのが1番のデメリットです。

利用したいと思っても、提供エリア外の場合はどうすることもできません。

エリアが拡大されるのを待つしか方法はないので、別の利用できるサービスを検討しましょう。

 

引越しが多い人には不向き

もし現在のお住まいで電力系のインターネット回線が利用できるとしても、あなたが転勤や引越しなどで他県へ移る可能性があるのであれば、あまり電力系のインターネット回線はおすすめできません。

エリアが狭い分、移転先が提供エリアでない可能性が高くなってしまいます。

提供エリア外への引越しの場合は、解約するしかありません。

その場合もちろん、工事費の残債や更新月以外の解約の場合解除料がかかってしまします。

もし転勤族や数年以内の引越しの可能性がある場合は、少し考えたほうがいいかもしれませんね。

 

長期契約で工事費や月額が割引になることが多い

電力系のインターネット回線は、3年や5年の長期のプランに加入することで、さらに割引を受けられたり工事費の負担が少なくなったりすることが多いです。

たとえばコミュファ光の長トク割は3年更新、メガエッグも3年更新、ピカラ光のずっトク割ステップコース5は5年更新と、割引を受けたりお安く利用する為には、かなり長期の契約が必要です。

1年や2年で乗換えを検討していたり、いつ引越しするかわからないといった人には、あまり向いていない契約と考えていいでしょう。

 

解約時の違約金等が高い

解約時の違約金の金額も、フレッツや光コラボに比べると高めの印象があります。

契約内容にもよりますが、更新月以外に解約すると3万円以上の解約金がかかる場合も多いです。

また工事費割引のキャンペーンを利用した場合も、途中で解約すると工事費の残債を一括で支払わなければいけません。

もちろん乗り換え先で違約金を負担してくれる場合も最近は多いので、そういったものを利用すればいいかもしれません。

けれど乗換えではなくインターネットが不要になった場合は、満額の支払いが必要になります。

加入前にきちんと前もって、違約金がいくらかかるのかも確認しておいたほうが安心です。

電力系インターネットを申し込むなら、公式HPより代理店がお得!

もしここまで読んで、電力系のインターネットを申し込もうと思った人!

実は各公式HPからの申し込みでも十分特典があるのですが、もっとお得に申し込むなら断然代理店からの申し込みがお得です。

公式サイトのキャンペーンに上乗せでキャッシュバックがあったり、公式サイトよりも大きな額のキャンペーンを行っているのでぜひ確認してみてくださいね。

 

もちろん代理店から申し込みをしても、月額の料金などに変わりはありません。

キャンペーンを利用するためにオプションの契約が必要なところもありますが、無料期間のあるオプションなら無料期間中に解約すれば料金もかかりません。

それだけで1万円や3万円も特典が増えるなら、かなりお得だと思いませんか?

各回線のおすすめできる代理店をご紹介するので、ぜひ一度確認してみてくださいね。

電力系インターネット代理店一覧

※ビビックのみ代理店からの販売がされていない為、公式HPからのみの申し込みとなります。

 

電力系インターネット回線のまとめ

電力系のインターネット回線について、簡単にまとめてみました。

「コミュファ光」「eo光」「MEGA EGG」「Pikara」「BBIQ」ともに、対象のエリアにお住まいなのであれば、選択肢に入れてみていいと思いますよ。

地域密着系の回線のため、ユーザーの満足度が高いのも特徴のひとつです。

長期での契約を考えているのであれば、フレッツ系や他の光回線よりもお安くなる可能性も高いので、ぜひ確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
 

ひかりmamaおすすめ光回線

ひかりmama
ひかりmama
私ひかりmamaが、自信をもっておすすめする光回線をご紹介します!
もし今すでに他社へ申し込みをしている状態でも、工事前であれば工事のキャンセルは可能です。 携帯ショップや家電量販店から申し込みをしている場合は、特典が少なく損してしまっている場合も多いんですよ。 少しでもお得なキャンペーンを利用できるように、しっかりチェックしてくださいね!
★☆ドコモ携帯をつかっているならドコモ光★☆★
最大15,000円キャッシュバック+dポイント最大20,260ポイント
ドコモ光セット割で携帯料金がお得
無線ルーターを無料レンタル
評価
おすすめのポイントドコモ携帯を使っているならドコモ光一択です。長く使えば使うほど割引額も高くなりますよ。数あるプロバイダの中でも、GMOとくとくBBならIPv6対応で、無線ルーターも無料でレンタルできるのでとっても快適です。現在は新規工事費無料キャンペーン中なので、申し込むなら今です!
詳細ページ公式ページ  
★☆Softbank携帯を使っているならSoftbank光★☆★
最大32,000円キャッシュバック
おうち割で毎月最大1000円割引
開通までSoftbank Airレンタルあり
評価
おすすめのポイントソフトバンク携帯ならソフトバンク光がおすすめ。おうち割で携帯料金がお安くなります。開通までの間Softbank Airをレンタルしてくれるのも助かりますね。
詳細ページ公式ページ  
★☆au携帯を使っているならSo-net光★☆★
マンションタイプなら3年間月々2,980円、ファミリーでも3,980円
スマートバリューで携帯料金割引
高速Wi-Fiルーターが永年無料
評価
おすすめのポイントau携帯の人にはauひかりもおすすめですが、auひかりはエリア外になることも多いです。そんな時はSo-net光がおすすめ。月々の料金が断然安く、スマートバリューで携帯料金まで抑えられます。
詳細ページ公式ページ  
★☆au携帯を使っているならBIGLOBE光★☆★
最大25,000円キャッシュバック
スマートバリューで携帯料金割引
auスタートサポートで他社解約金を負担
評価
おすすめのポイント月々の料金が安いよりもキャッシュバックが欲しい!そんなauユーザーにはBIGLOBE光がおすすめ。提供エリアが断然広く、開通までもスピーディーですよ。
詳細ページ公式ページ