光回線

光回線は工事不要で契約できる!工事が要らない4つのケースとおすすめの回線を紹介

「光回線は工事なしで契約できる?」
「どうしても開通工事を避けたい…。工事不要になるケースについて知りたい!」

こんな疑問を持っていませんか?

工事の立ち合いの時間が取れない、知らない人が家に入るのは嫌などの理由で、開通工事を避けたい方は多いと思います。

結論からお伝えすると、すでに光コンセントが設置されている場合など、回線工事なしで光回線を契約できるケースも少なくありません。

この記事では、光回線の工事が不要になるケースやおすすめの回線、工事なしで利用できるインターネットまで詳しく解説します。

工事なしでネットが使える方法がわかり、快適なネット接続を楽しめるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

光回線の工事が不要になる4つのケース

次のケースに当てはまる場合、工事なしで光回線を契約できます。

  • フレッツ光→光コラボの乗り換え
  • 光コラボ→光コラボの乗り換え
  • 既に光コンセントが設置されている場合
  • 以前使っていた回線を再契約する場合

それぞれ具体的に解説します。

フレッツ光→光コラボの乗り換え

フレッツ光から光コラボ回線に乗り換え(転用)の場合は、工事不要です。

光コラボとは、NTT東日本・NTT西日本が所有する回線を他の事業者が借りて、新たな光回線サービスとして提供している場合を指します。光コラボ回線とフレッツ光は同じ回線を用いているため、工事は必要ありません。

転用の場合、NTT局内で無派遣工事をするだけなので、すぐに光回線を使い始められます。契約したい回線が光コラボに属しているか確認してみましょう。

光コラボ→光コラボの乗り換え

光コラボから光コラボに乗り換え(事業者変更)する場合も、工事は必要ありません。光コラボは、主に以下のようなサービスが当てはまります。

  • ドコモ光
  • SoftBank 光
  • So-net光
  • ビッグローブ光
  • OCN光
  • 楽天光
  • ぷらら光

例えばドコモ光からSoftBank 光に乗り換える場合、どちらもフレッツ光の回線を用いているため、新たに回線工事をせずに利用可能です。

既に光コンセントが設置されている場合

光コンセントとは、光ファイバーケーブルと通信機器を接続する差し込み口です。

光コンセントがある場合、すでに光回線が導入されているため、工事しなくても光回線を利用できます。前に住んでいた人が退去の時に光回線を解約し、回線をそのままにしているケースも少なくありません。

光コンセントの探し方はこちらで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

光コンセントの一体型・分離型の違いは?特徴と探し方を解説!光回線を使ううえで必ず必要になるのが「光コンセント」です。 光コンセントは、すでに部屋のコンセント部分に取り付けられている「一体型...

以前使っていた回線を再契約する場合

光回線を再契約する場合も、工事は必要ありません。以前光回線を利用していたということは、回線工事がすでに終わっているためです。

ただし、あまりにも年月が経過していると、光コンセントが劣化して使い物にならなくなっている可能性があります。また、光ファイバーケーブルが除去されているケースもあるため、思い出せない場合は業者に確認してください。

光回線以外の工事が不要なインターネット

光回線にこだわらなければ、以下の方法でもインターネットを利用できます。

  • ホームルーター
  • モバイルWiFi

ホームルーター

工事をしたくない、または光回線の設置ができない集合住宅に住んでいる場合、ホームルーターがおすすめです。

ホームルーターとは、家に大きめのルーターを設置して、コンセントにつなげるだけでインターネットを利用できるサービスです。

回線速度は光回線よりも不安定になる傾向がありますが、開通工事が必要ない上に、コンセントさえあればどこでも使えるため、設置場所を自由に選べます。

特におすすめなのは「ドコモ home5G」です。ドコモ home5Gはルーターの性能が高く、広範囲にWi-Fiを届けられる「ビームファーミング」に対応しているため、設置場所を選びません。

さらに、ドコモユーザーならスマホとのセット割で最大1,100円の割引を受けられます。

詳しくはこちらも参考にしてくださいね。

home 5Gとドコモ光を徹底比較!おすすめは?メリットも解説!
home 5Gとドコモ光を徹底比較!おすすめは?メリットも解説!ご自宅にインターネット環境を整えたいと考えている人は「ドコモhome 5Gとドコモ光の違いは何?」「どっちを選んだ方がいいかわからない!...

モバイルWifi

外出が多い方は、モバイルWi-Fiもおすすめです。

モバイルWi-Fiは持ち運びできるサイズのルーターをレンタルするサービスで、一般的には「ポケットWiFi」とも呼ばれています。

モバイルWi-Fiはホームルーターよりも通信速度・同時接続できる端末数が劣りますが、どこでも持ち歩けます。特に、カフェや旅行先などで安定してネットを使いたい方にはおすすめの選択肢です。

光回線の工事が必要な3つのケース

次のような場合、光回線を契約するには工事が必要になるため注意してください。

  • 新築の場合
  • 独自回線に新規加入する場合
  • 光コンセントがない場合

新築の場合

新築はまだ光回線が通っていないため、開通工事が必須です。

一戸建ての場合、建物内に光ファイバーケーブルを引き込んで、部屋の壁から引き出します。一方、集合住宅では光ファイバーケーブルを共有スペースに引き込み、その後各戸へ配線されるケースが多いです。

賃貸の場合、新築でも利用者向けに無料で光回線が設置されているケースも少なくありません。

独自回線に新規加入する場合

契約先が独自回線の場合は注意です。

独自回線だとフレッツ光の回線を使い回せないため、すでに光コンセントがあっても開通工事が必要になります。独自回線には、主に以下のようなサービスがあります。

  • NURO光
  • auひかり
  • コミュファ光

ただ、独自回線は光コラボと違って回線の利用者が少なく、通信速度が安定しているのが利点です。通信速度を重視するなら、開通工事を我慢して独自回線を選ぶことも検討しましょう。

光コンセントがない場合

お部屋に光コンセントがない場合、工事が必要です。マンションだと共有部までは回線が通っていても、部屋まで開通していないケースもあります。

また、集合住宅の場合、光回線工事をするには大家・管理会社にきちんと許可を取らなければなりません。

古い物件だと、別の回線がすでに入っていて工事ができず、希望の光回線サービスを契約できない可能性も考えられます。

工事が嫌な人におすすめの回線

どうしても工事を避けたいなら、以下のような光コラボ回線を契約するのがおすすめです。

  • ドコモ光
  • SoftBank 光

それぞれの特徴をわかりやすく解説します。

ドコモ光GMOとくとく ドコモ光

ドコモユーザーなら毎月最大1,100円割引
全国どこでも利用できる
23社からプロバイダを選べる
月額料金ファミリー:5,720円
マンション:4,400円
契約期間2年間(解除料9,500円)
初期費用2,000~18,000円
特徴
  • ドコモのスマホ料金が最大1,000円割引
  • 超高速対応の無線ルーターが無料レンタル
  • 最大20,000ptのdポイントがもらえるキャンペーン中
  • プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光はドコモユーザーの方におすすめです。光回線で唯一ドコモの携帯・スマホのセット割に対応しており、ドコモユーザーなら毎月最大1,100円のセット割を受けられます。

また、光コラボ回線ですので全国どこでも利用できる上に、フレッツ光が通っている建物なら工事不要で利用できます。

ドコモ光は23社からプロバイダを選べますが、最もおすすめなのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBならルーターが無料レンタルでき、キャッシュバック金額も20,000円と他のプロバイダより高額に設定されています。

以下の記事でドコモ光の回線工事について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ドコモ光の開通工事は派遣・無派遣・なしの3種類。工事の流れや費用、注意点を解説ドコモ光の開通工事には、派遣工事・無派遣工事・工事なしの3つのパターンがあります。 ドコモ光の工事料金は派遣工事の場合で16,50...

ドコモ光×GMOとくとくBB
公式ページへ>>

SoftBank 光

ソフトバンク光 キャッシュバック
全国どこでも利用できる
お家割光セットで最大1,000円割引
乗り換えなら他社違約金を10万円まで負担
月額料金ファミリー:5,720円
マンション:4,180円
契約期間2年(解除料9,500円)
初期費用2,000~24,000円
特徴
  • SoftBankのスマホ料金が毎月最大1,000円割引
  • 乗り換えなら他社違約金負担&工事費無料
  • 開通工事まで無料でWi-Fiを借りられる

ソフトバンクユーザーの方や乗り換えの方は、SoftBank 光もおすすめです。

SoftBank 光はフレッツ光の回線が通っていれば、工事不要で利用できます。

また、乗り換えなら工事が必要だったとしてもキャッシュバックで実質工事費が無料になるのも魅力です。開通工事まで無料でWi-Fiを借りられるため、不便に感じることもありません。

他社違約金も最大10万円まで負担してもらえるため、他の光回線を契約したばかりで、サービスに納得できず乗り換えたいという方でも安心です。

以下の記事でSoftBank 光の回線工事について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

SoftBank光の開通工事の費用・期間・内容を徹底解説! SoftBank光の基本情報 SoftBank光は携帯キャリアのSoftbankがNTTと提携して提供している光回線です。 ...

SoftBank 光の申し込みはこちらです。

Softbank光
公式ページへ>>

まとめ

今回は、開通工事なしで光回線を契約する方法について解説しました。

以下のようなケースでは、開通工事なしで光回線を契約できます。工事の立ち合いが不要で、導入もグンと楽になりますよ。

  • フレッツ光→光コラボの乗り換え
  • 光コラボ→光コラボの乗り換え
  • 既に光コンセントが設置されている場合
  • 以前使っていた回線を再契約する場合

特に「ドコモ光」はフレッツ光の回線が通っていれば全国どこでも利用可能です。ドコモユーザーならお得なスマホセット割もあるため、ぜひ申し込みを検討してください。