テレビ

アンテナとフレッツテレビを比較。どっちがお得?メリットデメリットまとめ。

一戸建に引越しをする時に必要なのが、テレビを視聴するための準備。

マンションやアパートと違って、自分で用意しないと戸建の場合テレビを見ることができません。

そんなテレビを見る方法には、大きく分けて3つあります。

  1. アンテナを立ててテレビを視聴する
  2. 光回線でテレビを視聴する
  3. ケーブルテレビに加入してテレビを視聴する

このうちのどれかの手段がないと、一戸建てでテレビを視聴することはできません。

今回はこの中でも利用者の多い、アンテナとフレッツテレビでのテレビ視聴についてを比べてみたいと思います。

初期費用から月々の費用、それぞれのメリットデメリットまで比較するので、どっちにしようか迷っている人はぜひご覧くださいね。

アンテナとフレッツテレビの違いは?

まずはアンテナとフレッツテレビそれぞれの視聴方法の違いからご説明します。

地上デジタル以外のBS放送やCS放送を視聴する場合についても、分けて書いていきますね。

アンテナでテレビを視聴する方法

アンテナと聞くと思いつくのが、屋根の上に立っている魚の骨のようなこんな形のアンテナではないでしょうか?

これはUHFアンテナと呼ばれるアンテナです。

このUHFアンテナを屋根の上に建てるのが、アンテナで地デジ視聴をする一般的な方法です。

今でもたくさんの家の屋根に、アンテナが建っているのを見かけますよね。

 

けれど最近新しく出てきたのが、デザインアンテナと呼ばれる家の壁面に取り付ける平面アンテナです。

これだと屋根の上にアンテナを乗せる必要がないので、外観を損なうこともなく目立ちにくいので、新築時にはこのデザインアンテナをつける家も増えてきているのだとか。

けれどデザインアンテナは屋根の上ではない分、電波を受信する力が弱いです。

そのため家の立地環境によっては観れないこともあるようなので、やはり業者に依頼してきちんと電波の受信状況を確認してから設置したほうが安心ですね。

UHFアンテナもデザインアンテナも、どちらも各地域の送信塔から発信されている電波をキャッチして地デジを視聴する方法です。

なので場所によっては映りが悪かったり、回りに高いビルやマンションが多い場合にも電波に影響されたりしてしまいます。

地域的に受信できるかどうかは、こちらのページを参考に調べてみてくださいね。

放送エリアの目安

 

アンテナでBS・CSを観るには?

アンテナで地デジを視聴する場合、BSやCSを視聴したい時はどうすればいいでしょうか?

その場合はUHFアンテナやデザインアンテナでは市長ができないので、BS/CSアンテナが別途必要です。

よくベランダなどにつけている、円盤型の丸いパラボラアンテナと呼ばれているアンテナですね。

UHFアンテナではBSやCSの電波は受信できないので、このBS/CSアンテナを別途設置する必要があります。

これはベランダに設置するのであれば自分でもできるのでどこかへ依頼する必要はありませんが、スカパーなどで設置無料のキャンペーンをやっていたりもするのでそういったサービスを利用してもいいかもしれませんね。

ただし衛星の方角が決まっているので、どこにつけてもいいというわけではありません。

最近は方角がわかるようなアプリも出ているようなので、そういったもので調整しながら設置する必要があります。

フレッツテレビでテレビを視聴する方法

フレッツテレビで視聴する方法は、名前の通りフレッツ光という光回線を利用してテレビを視聴する方法です。

要はインターネットのために引き込んだ光回線に、テレビの電波も一緒に流して視聴するということですね。

その為テレビサービスはあくまでもオプションになり、メインの契約はインターネットになります。

月々の費用はかかりますが、天候に左右されたりすることもないので安定してTVを視聴できるサービスです。

ただし光回線と言っても、フレッツテレビが視聴できるのはフレッツ光か光コラボのNTT回線に限られています。

au光やNURO光など、他事業者の光回線では地デジの視聴はできないので気をつけてくださいね。

 

フレッツテレビでBS・CSを視聴するには?

フレッツテレビの基本料金には地デジ以外にBSデジタルの視聴も含まれています。(一部有料のBSを除く)

なのでBS放送までであれば、特に追加の契約なしで視聴することができます。

またCS放送を視聴したい場合は、スカパーとの追加契約をすることですぐに視聴することができます。

もちろんその場合もアンテナやチューナーなどは不要です。(テレビにBS/CSチューナー内蔵されていることが条件。)

もともとフレッツテレビ自体が、NTTとスカパーの合同で提供しているサービスです。

なのでインターネットや電話で申し込みたいチャンネルを選ぶだけで、1時間ほどでCS放送が観れるようになります。

スポンサーリンク

アンテナとフレッツテレビの料金の違い

アンテナで視聴する場合の月額費用

アンテナで視聴する場合は、月々の料金は一切かかりません。

かかるとしたらNHKの受信料とテレビの電気代くらいです。

そのため一度アンテナを設置してしまえば、あとはずっと無料で地デジ視聴ができます。

同じくBS放送もアンテナを設置すれば料金はかかりません。(一部有料放送を除く)

CSを観たいときのみ、スカパーなどの料金が発生します。

アンテナで視聴する場合の工事費用

屋根の上にアンテナを建てる場合は、大体一般的な工事費用が5万~10万円程度と言われています。

地域や頼む会社によっても値段設定は異なりますが、どうしても2人以上は作業者が来ないと設置できないので、作業料が高額になってしまいます。

けれどさすがに屋根の上に上って自分で作業するというのは、危険ですしなかなかしようとも思えないですよね。

なので必ずアンテナを設置する場合にはどこかへお願いする必要が出てきます。

また最近増えてきている壁面に設置するデザインアンテナも、素人ではなかなか取り付けは難しいのでアンテナ設置業者などに依頼する必要があります。

その場合は少しお安い場合もあるようですが、それでも4~6万程度はかかるようです。

フレッツテレビで視聴する場合の月額費用

フレッツテレビを視聴する場合の費用は、毎月660円になります。

この660円で地デジとBSデジタル放送が視聴できます。(一部BSの有料放送を除く)

それに加えてもしスカパーでCS放送を視聴するのであれば、別途費用が発生します。

けれど1チャンネルから申し込みができるので、見たいチャンネルが決まっている場合はスカパー基本料390円+チャンネル料金で視聴できますよ。

ただしフレッツテレビの基本料金660円には、NHKの受信料は含まれていないので注意してくださいね。

 

フレッツテレビで視聴する場合の工事費用

フレッツテレビを視聴する場合はフレッツ光の引き込み工事が必要になります。

そのため最低でも7,600円~18,000円の光回線の工事費がかかります。

加入する回線事業者によっては、キャッシュバックや工事費用無料などのキャンペーンを行っているところもあるので、そういった会社を選べば工事費用を抑えることはできます。

けれどそれに加えてフレッツテレビに加入する場合は、別途5,800円~40,000円程度のフレッツテレビの工事費(スカパーJSAT施設利用登録料含む)が追加でかかります。

フレッツテレビの工事費用は割引などはないので、基本的には必ずかかってしまいます。

フレッツテレビの工事費用についてはこちらにまとめているので、確認してみてくださいね。

フレッツテレビの工事料金はいくらかかる?初期費用と工事内容を細かく解説。フレッツ光を利用していれば申し込むことができるフレッツテレビ。 アンテナなしで地デジやBSデジタルが視聴でき、料金も月々660円と...

 

またフレッツテレビの工事費用の中で一番高い共聴設備接続工事は、場合によっては自分でできることもあります。

その場合はかなり初期費用をおさえることができるのでお得ですよ。

フレッツテレビの工事は自分でできる?高い共聴工事費を節約する方法。フレッツテレビを導入する時に、戸建てだと必ず案内されるのが共聴工事(共聴設備接続工事)という配線工事。 値段は19,800円と決し...
スポンサーリンク

アンテナとフレッツテレビのメリット・デメリット

アンテナのメリット

  • 月々のランニングコストが不要

アンテナのメリットは何といっても、月々の費用がかからないということ。

一度アンテナを設置さえしてしまえば、テレビを視聴するのに必要なのはテレビの電気代くらいです。

10年、20年とTVを視聴していくことを考えると、ずっとテレビの料金がかかり続けるというのはかなりの負担になりますよね。

その為やはりできることならアンテナを立ててテレビを視聴したいと思っている人が今でも多いです。

 

アンテナのデメリット

  • 初期工事費が高い
  • 天候によって映りが悪くなることがある
  • 自宅の場所や環境によって視聴できない場合がある
  • 近くに高い建物ができると、視聴できなくなることがある
  • 屋根が痛みやすい
  • BS/CSを視聴するには、別途アンテナが必要

アンテナのデメリットはけっこうたくさんあります。

けれど中でも天候によって左右されたり、近所の環境によって突然見れなくなったりすることがあるのが大きいですよね。

今まで綺麗に映っていたのに突然テレビの映りが悪くなったと思ったら、近所に高いマンションができていたなんてことも、都会ではよくある話です。

また雨の日はゆっくり家でテレビを見たいのに、そんな日に限って映像が乱れたりしてしまうなんてこともアンテナだと起こりがちです。

どうしても飛んでいる電波を受信して視聴しているので、そういった周りの環境に影響されやすいと言うのが、アンテナ視聴の最大のデメリットだと思います。

 

フレッツテレビのメリット

  • 映りは天候に左右されず安定している
  • 地デジとBSだけでの視聴が可能
  • 月額がケーブルテレビに比べると安い
  • スカパーもアンテナ不要、ネットから申し込めばすぐに視聴できる

アンテナのデメリットをカバーできるのが、フレッツテレビになります。

光ケーブルで視聴するだけあって、雨でも台風でも放送が乱れたりすることはほとんどありません。

それにフレッツテレビだとアンテナなしで地デジ・BS・CSのすべての放送を観れるので、テレビ好きにはとってもありがたいですよね。

スポンサーリンク

フレッツテレビのデメリット

  • テレビの費用が毎月かかる
  • インターネットの費用が毎月必ずかかる
  • フレッツ光をやめると視聴できなくなる
  • ルーターの故障時には視聴できなくなる
  • 対応していない地域がある

フレッツテレビの最大のデメリットは、基本の契約にインターネット契約が必要だということです。

なのでインターネットが不要な家でもフレッツテレビだけの契約はできないので、インターネットの基本料金がかかってしまいます。

もちろんネット回線が不要になった場合なども、フレッツテレビだけを残して契約を継続することはできません。

その為ネットを使わないのであれば、かなり割高なテレビ視聴になってしまいます。

そういった場合はインターネットのプランをライトプラン(ネットを使えば使っただけ料金が増えるプラン)に変更することで、基本料金をおさえることはできます。

ですがそれでも最低3,000円以上は月々かかってしまうので、やはり高いテレビ代になってしまいますよね。

 

それにフレッツ系以外の光回線へ乗り換えの時にも注意が必要です。

auひかりやNURO光などの他社回線には、フレッツテレビと同等の地デジを視聴できるテレビサービスはありません。

なので携帯の割引などがあるからといってネット回線を乗り換えようと思っても、テレビがネックになって簡単には乗換えができなくなります。

他事業者の光回線だとCS放送だけなら視聴はできますが、地デジも見ようと思うとやはりアンテナを立てなければいけなくなってしまいますよ。

そうなるともう一度アンテナ設置費用がかかってしまうので、2度もテレビを視聴するための工事費がかかってしまい、かなりもったいことになります。

フレッツテレビの契約で視聴を開始したら、インターネットの乗り換えはしない!というくらいの気持ちでないと、後々損をしてしまうので気をつけてくださいね。

 

またフレッツ光が利用できる地域でも、フレッツテレビは対応していない地域もあります。

NTTのHPで確認ができるので、一度確認してみてくださいね。

NTT東日本 フレッツテレビ提供エリア

NTT西日本 フレッツテレビ提供エリア

結局アンテナとフレッツテレビどっちがいい?

そんなわけで結局アンテナとフレッツテレビのどっちがいいの?ってことなのですが・・・

結果から言うとどちらもそれぞれのメリットデメリットがあり、何を重要視するかによって選択が変わってきます。

なのでどっちがいい!と一概には言えませんが、どちらが向いているかというのはこれを見て判断してもらえばいいと思います。

アンテナとフレッツテレビが向いている人

アンテナが向いている人

  • テレビ視聴に月々の料金を支払いたくない
  • CSなどの有料放送は視聴する予定がない
  • 固定のインターネット回線を利用する予定がない。もしくはポケットwi-fiを利用中
  • 家の近くに高いマンションなどが建つ予定がない
  • 光は利用するけど、新しいサービスが出たらよりやすいところへ乗り換えたい

フレッツテレビが向いている人

  • インターネットを光回線で利用する
  • 今後インターネットはずっとフレッツ光の回線で継続する予定
  • アンテナ視聴だと電波が悪くて視聴できない地域に住んでいる
  • 契約できるケーブルテレビ会社が地域にない
  • CS放送にも興味があるので試してみたい

 

どちらかチェックが多くついた方が、あなたに向いているということになります。

個人的には現在私が利用しているフレッツテレビがおすすめです。

我が家の場合はドコモの携帯を夫婦揃って10年以上使用しているので、現在はドコモ光でネット・テレビ・電話すべてを利用しています。

今まで7年ほど利用していますが、特に故障やテレビが見れなくなったこともなく、快適に視聴できていますよ。

今後他社に乗り換える気もないので、このまま継続して利用していくつもりです。

 

まとめ

いかがでしたか?

テレビを見るために必ず必要な準備。

特に新築一戸建てに引越しをする場合などは、前もって視聴方法を決めておかないと引越し前に慌てて準備することになってしまいます。

家の場所や環境などによっても視聴できるできないがあるので、前もって確認もしておいてくださいね。

戸建のテレビ視聴について、アンテナかフレッツテレビかで迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

ひかりmamaおすすめ光回線

★☆ドコモ携帯をつかっているならドコモ光★☆★
最大15,000円キャッシュバック+dポイント最大30,000ポイント
ドコモ光セット割で携帯料金がお得
無線ルーターを無料レンタル
評価
おすすめのポイント ドコモ携帯を使っているならドコモ光一択です。長く使えば使うほど割引額も高くなりますよ。数あるプロバイダの中でも、GMOとくとくBBならIPv6対応で、無線ルーターも無料でレンタルできるのでとっても快適です。
詳細ページ公式ページ

 

★☆Softbank携帯を使っているならSoftbank光★☆★
最大32,000円キャッシュバック
おうち割で毎月最大1000円割引
開通までSoftbank Airレンタルあり
評価
おすすめのポイント ソフトバンク携帯ならソフトバンク光がおすすめ。おうち割で携帯料金がお安くなります。開通までの間Softbank Airをレンタルしてくれるのも助かりますね。
詳細ページ公式ページ

 

★☆au携帯を使っているならBIGLOBE光★☆★
最大25,000円キャッシュバック
スマートバリューで携帯料金割引
auスタートサポートで他社解約金を負担
評価
おすすめのポイント au携帯の人にはauひかりもおすすめですが、auひかりはエリア外になることも多いです。そんな時はBIGLOBE光がおすすめ。提供エリアが断然広く、開通までもスピーディーですよ。
詳細ページ公式ページ