電話

ひかり電話のアナログ戻しとは?電話番号を継続するために必要?

ネット回線を乗り換えするのが当たり前になった現在。

料金が安くなるから・・・、携帯と一緒に支払いができるから・・・といった理由で乗り換えるのもよくある話です。

そんな時に意外と大変なのが、ひかり電話のアナログ戻し。

『電話番号を引き継ぐためにアナログ戻ししてくださいね。』とサラッと言われてしまいますが、自分でするとなると結構大変です。

今回はそんな光電話のアナログ戻しについて、詳しく説明したいと思います。

え?そうなの?と思うようなこともあると思うので、ぜひこれからアナログ戻しをしようとしている人は、参考にしてくださいね。

ひかり電話のアナログ戻しとは?

ひかり電話のアナログ戻しとは、現在ひかり電話で利用している電話番号を他社でも継続をするために、一度アナログ回線に戻すことを意味しています。

要は電話番号をそのまま移行できない乗り換えの場合に、アナログ回線を間に挟むことによって移行できるようにするということ。

そのまま番号を移行できる乗換えの場合は、アナログ戻しは不要です。

またアナログ戻しができる番号とできない番号もあり、できない番号の場合は乗り換え時の番号継続は諦めるしかありません。

アナログ戻しができる番号、できない番号

では、アナログ戻しができる番号とはいったいどういう番号でしょうか?

答えは、NTTのアナログ回線開通時に発番している番号です。

もともとアナログ回線(固定電話)で利用していた番号であれば、アナログ戻しは可能です。

逆にアナログ戻しをできない番号は・・・

  • NTTのひかり電話で発番された番号
  • NTT以外のアナログで発番された番号
  • NTT以外のひかり電話で発番された番号

ということになります。

上記番号を利用している場合は、他社へ乗換えをする時には番号を継続することは諦めるしかありません。

今の番号は解約とともに消失させ、新しい乗り換え先でまた新しい番号を取得することになります。

もし今後乗り換え時に番号が消失するのが嫌な場合は、一度NTTアナログ回線で番号を開通させてから、乗り換え先の光電話などに番号ポータビリティする方法もありますよ。

そうすれば手間と時間、費用がかかってしまいますが、今後乗り換え時に番号が消失するという悩みからは開放されます。

ですので仕事で電話を利用していたり、今後自宅の番号を変えたくない人にはおすすめです。

アナログ戻しに加入権は必要?

アナログ戻しをするのに間違えやすいのが、加入権を使って発番した番号でないとアナログ戻しができないのではないかということ。

実は加入権がはあってもなくても、アナログ戻しには関係ありません。

たとえ加入権がない加入ライトプランで取得した番号だとしても、番号自体をアナログ戻しすることはできます。

ここについては『加入権がないとアナログ戻しができない』と案内されてることも多いのですが、加入権があってもなくても問題ないので安心してくださいね。

もし加入権がなければ、アナログ戻しする際にもう一度加入ライトプランでアナログ戻しをすればいいだけです。

とにかくNTTのアナログ固定回線で発行された番号だということが大切なんですね。

 

また万が一休止している権利が消失していたとしても、番号自体のアナログ戻しは可能です。

権利はなくても加入ライトプランで復活することもできますし、新たに権利を購入してアナログ戻しをすることも可能です。

加入権の休止は10年で消失すると言われていますが、その期間を経過してしまった後でも番号自体をアナログで発番さえしていれば、アナログ戻しができないということはないので安心してくださいね。

アナログ戻しが必要な場合と不要な場合

乗り換え時にはアナログ戻しが必ず必要なのか?というと、実はそうではありません。

インターネットにはいろいろなサービスや事業者がありますが、乗り換えの内容によってはそのままアナログ戻しをしなくても番号を引き継げる場合もあるんですよ。

これを知っておかないと、そのまま引き継げるのにアナログ戻しをわざわざしてしまって余計な時間と費用を費やすことになってしまいます。

ぜひ自分の乗り換えに、アナログ戻しが本当に必要なのかを確認してみてくださいね。

乗り換え元 乗り換え先 アナログ戻し要否(手続方法)
フレッツ光 フレッツ光 ○必要 (アナログ戻し)
光コラボ ×不要 (転用)
auひかり/NURO光 ×不要 (番号ポータビリティ)
電力事業者系 ×不要 (番号ポータビリティ)
光コラボ フレッツ光 ○必要 (アナログ戻し)
光コラボ ○必要 (アナログ戻し)
auひかり/NURO光 ×不要 (番号ポータビリティ)
電力事業者系 ×不要 (番号ポータビリティ)
auひかり/NURO光 フレッツ光 ×不要 (番号ポータビリティ)
光コラボ ×不要 (番号ポータビリティ)
auひかり/NURO光 ×不要 (番号ポータビリティ)※注
電力事業者系 ×不要 (番号ポータビリティ)
電力事業者系 フレッツ光 ×不要 (番号ポータビリティ)
光コラボ ×不要 (番号ポータビリティ)
auひかり/NURO光 ×不要 (番号ポータビリティ)
電力事業者系 ×不要 (番号ポータビリティ)

※光コラボ・・・docomo光・SoftBank光・OCN光・Biglobe光などの光コラボレーション

※電力事業者系・・・j-com・eo光・コミュファ光・ビビック光・メガエッグ・ピカラ光 等

 

上記の表を見てわかるように、実際に乗り換えのときにアナログ戻しが必要なパターンというのは本当にごくわずかです。

要はアナログ戻しは、フレッツ系のサービスからフレッツ系のサービスに乗り換える時だけ必要なんですよね。

光コラボももちろんNTTのフレッツ回線を利用しているので、現在アナログ戻しが必要なパターンとしては主に光コラボから光コラボへの乗り換えの場合がほとんどです。

auひかりやNUROひかり、電力事業者系のサービスから光コラボへ乗り換える場合やその逆の場合は、番号ポータビリティでそのまま番号を乗り換え先へ持っていくことができます。

なのに担当者が知らなくて『一度アナログ戻しをしてください。』なんて案内されてしまうこともよくあるんですよね。

私も以前光コラボ事業者で働いていたことがありますが、その時にも他社へ乗り換える人がわざわざ必要のないアナログ戻しをしようとしていたりといったことがよくありました。

聞いてみると乗り換え先の担当者にアナログ戻しをするように指示されたとのこと。

そのまま番号ポータビリティができるのにわざわざアナログ戻しをするなんて、本当に時間とお金の無駄です!

もし上の表に×不要と書かれているのにアナログ戻しを指示された場合は、必要ないアナログ戻しなのでもう一度担当者に確認してみてくださいね。

きっと知らずに案内しているだけって場合がほとんどですよ。

※ただしauひかりからauひかりへの乗換えなど、同じサービスへの乗換えをする場合はアナログ戻しが必要な場合があります。

その場合は本当にアナログ戻しをしてまで乗換えをしたほうがお得なのか、もう一度考えてみたほうがいいかもしれませんね。

 

アナログ戻しの料金は?

アナログ戻しの料金は、通常は2,000円~11,000円と案内されます。

なぜそんなに金額に幅があるのかというと、工事の内容や派遣工事が必要かどうかによって金額が変わってくるからです。

詳しくはこちらの記事にまとめていますので、気になる方はご覧くださいね。

アナログ戻しは工事内容によって料金が違う?実際にかかる費用や日数は?インターネットの乗り換えや、ネットが不要になった時に電話番号を継続するために必要な電話回線のアナログ戻し。 安くなると思って行う乗...

 

ひかり電話アナログ戻しの手順は?

ひかり電話をアナログ戻しする手順はとっても簡単です。

  1. NTTにアナログ戻しの申し込みをし、工事日を決める
  2. 工事当日に立ち会う

たったこれだけなんです。

けれど間違えると大変なのが、このアナログ戻しをいつするかということ。

そしてアナログ戻しだけを先にするのか、ネットも同時に解約をしてしまうかということです。

マンションか戸建てかなどによっても、手順が実は異なってくるんですよ。

詳しい乗り換えの手順については、こちらの記事にまとめています。

よければ参考にしてくださいね。

アナログ戻しの手順まとめ。乗り換えのやり方や申し込む順番、注意点は?インターネットの乗り換え時に、ひかり電話の番号をそのまま引き継ぎたい場合。 電話番号のアナログ戻しが必要になることってよくあるんで...

ひかり電話のアナログ戻しはどこに申し込む?

アナログ戻しを申し込むのは、基本的にはNTT東日本/西日本へ連絡すれば可能です。

それぞれの電話番号はこちらになります。

NTT東日本

  • ひかり電話からの場合・・・局番なしの「116」
  • 携帯・PHSからの場合・・・0800-2000116(西日本地域からの発信のみ)
  • 東日本からの携帯・PHSの場合・・・0120-116-116

NTT西日本

  • ひかり電話からの場合・・・局番なしの「116」
  • 携帯・PHSからの場合・・・0120-116-000(東日本地域からの発信のみ)
  • 西日本からの携帯・PHSの場合・・・0120-116-116

ただしアナログ戻しと同時にネット回線も同時に解約してしまいたい場合は、現在利用している事業者への申し込みが必要です。

たとえばdocomo光であればドコモへ、SoftBank光であればソフトバンクへの手続が必要です。

事業者へ申し込みをすれば、ネット回線の廃止と同時にアナログ戻しをする手続をNTTへ取次ぎしてくれます。

そして後日NTTの担当者から連絡が入り、具体的な費用や工事日についての調整ができます。

直接NTTへ連絡してもネット回線は止めることができないため、事業者へかけなおすように言われてしまうので注意してくださいね。

 

また電話のアナログ戻しだけをしたい場合でも、事業者へ申し込むことも可能です。(※東日本のみ)

その場合は電話の解約として受けてくれますが、やはりアナログ戻しはNTTがする工事になるので後日NTTから折り返し連絡が入り、具体的な工事日や料金の案内を受けることになります。

最初からNTTへ直接アナログ戻しだけを申し込めば、その場で工事日なども決めることができるので、手続としては1度の連絡だけで早く済ませることができます。

NTTと直接電話のアナログ戻し日を決めた場合でも、特にその後事業者へ連絡する必要はないので安心してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

アナログ戻しって派遣工事になることが多いですし、本当に面倒なんですよね。

けれどそれをしなければ、インターネットの回線の乗り換え時に電話番号が変わってしまいます。

もっと携帯のように楽に番号を移行できればいいのになとは思うのですが、今のところアナログ戻しをするしか方法がありません。

アナログ戻しの費用なども含めて考えて、本当に乗換えがお得なのかを検討したほうがいいかもしれませんね。

アナログ戻しっていったい何?と悩んでいる方の参考になればうれしいです。

アナログ戻しは工事内容によって料金が違う?実際にかかる費用や日数は?インターネットの乗り換えや、ネットが不要になった時に電話番号を継続するために必要な電話回線のアナログ戻し。 安くなると思って行う乗...
アナログ戻しの手順まとめ。乗り換えのやり方や申し込む順番、注意点は?インターネットの乗り換え時に、ひかり電話の番号をそのまま引き継ぎたい場合。 電話番号のアナログ戻しが必要になることってよくあるんで...

 

ひかりmamaおすすめ光回線

★☆ドコモ携帯をつかっているならドコモ光★☆★
最大15,000円キャッシュバック+dポイント最大30,000ポイント
ドコモ光セット割で携帯料金がお得
無線ルーターを無料レンタル
評価
おすすめのポイント ドコモ携帯を使っているならドコモ光一択です。長く使えば使うほど割引額も高くなりますよ。数あるプロバイダの中でも、GMOとくとくBBならIPv6対応で、無線ルーターも無料でレンタルできるのでとっても快適です。
詳細ページ公式ページ

 

★☆Softbank携帯を使っているならSoftbank光★☆★
最大32,000円キャッシュバック
おうち割で毎月最大1000円割引
開通までSoftbank Airレンタルあり
評価
おすすめのポイント ソフトバンク携帯ならソフトバンク光がおすすめ。おうち割で携帯料金がお安くなります。開通までの間Softbank Airをレンタルしてくれるのも助かりますね。
詳細ページ公式ページ

 

★☆au携帯を使っているならBIGLOBE光★☆★
最大25,000円キャッシュバック
スマートバリューで携帯料金割引
auスタートサポートで他社解約金を負担
評価
おすすめのポイント au携帯の人にはauひかりもおすすめですが、auひかりはエリア外になることも多いです。そんな時はBIGLOBE光がおすすめ。提供エリアが断然広く、開通までもスピーディーですよ。
詳細ページ公式ページ