ドコモ光

ドコモ光の申し込みは今がチャンス!工事費無料キャンペーン実施中!

ドコモの携帯やスマホを持っていると、お得になると言われているドコモ光。

実は現在、そのドコモ光が『開通工事費無料キャンペーン』を行っているって知っていましたか?

通常なら15,000~18,000円かかる工事費が無料になるので、乗換えを検討しているなら今がチャンスですよ!

今回はそんなドコモ光の工事費用や工事費無料キャンペーンについて、また実際にドコモ光に乗換えをしたらいくら安くなるのか?についてまとめてみました。

ドコモ光への乗換えを検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

\\ドコモ光に乗り換えるなら、断然おすすめはこちら!//
無料で高速無線ルータープレゼント


速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

ドコモ光の工事費用はいくらなの?

まずはドコモ光の工事費用について、ご説明しますね。

冒頭でもお伝えしたとおり、現在ドコモではキャンペーンを行っていて、ドコモ光の開通工事費は無料です!

ドコモ光新規工事料無料キャンペーン詳細
  • キャンペーン受付期間:2018年12月1日(土曜)~2019年5月6日(月曜)
  • 適用条件:ドコモ光新規で申し込みし、2019年11月6日(水曜)までに利用開始すること
  • 適用外費用:土日・祝日工事の追加工事料、「ドコモ光電話」などのオプション工事料、工事内容によって発生する追加料金、新規契約の事務手数料(3,000円)

工事費無料キャンペーンは常に行っているわけではありません。

実際12/1のキャンペーン開始以前には、工事費に関しては一切割り引きされていませんでした。

なのでもし、新規でドコモ光への乗換えを検討しているなら、キャンペーン中の2019/5/6までにお申し込みするのがおすすめです。

 

本来のドコモ光新規開通工事費はいくら?

現在は無料キャンペーン中で、工事費が無料のドコモ光。

じゃあもともとはいくらの工事費がかかるの?って気になりますよね。

一般的なドコモ光の開通工事費用をまとめてみました。

工事費無料のキャンペーンが終了すると、こちらの費用が通常の開通工事費となります。

パターン工事内容料金(税抜)
①光回線を初めて開通させる場合派遣工事【ファミリータイプ】 18,000円
派遣工事【マンションタイプ】 15,000円
もともと光回線の引き込みがある場合②無派遣工事 2,000円
③派遣工事(屋内配線工事不要) 7,600円

 

具体的に1つずつの工事のパターンについて説明しますね。

①光回線を初めて開通させる場合

新築の一戸建てや、今まで光回線を開通したことがない家の場合は、必ず光ファイバー線を電柱から屋内まで引き込んでくる工事が必要になります。

マンションタイプが導入されている集合住宅でも、初めてその部屋で光回線の申し込みをするのであれば、同じく開通工事が必要になります。

その場合の費用はファミリータイプで18,000円マンションタイプで15,000円となります。

集合住宅でもマンションタイプが導入されていない建物の場合は、ファミリータイプでの開通となるので18,000円が必要となります。

 

②無派遣工事時の場合

以前光回線の引き込みをしていて、その回線が残っている場合は無派遣工事が可能と判断される場合があります。

その場合は工事費用は2,000円となります。

ただし、無派遣工事ができる為にはいくつかの条件があります。

  1. 光コンセントがあること
  2. NTTから無派遣工事が可能と判定されること
  3. 既設の光コンセントの移動が必要ないこと
  4. 機器の接続などが自分でできること

たとえば以前の住人がフレッツ光を使っていた場合でも、リフォームなどで光コンセントが撤去されていた場合は無派遣工事はできません。

また光コンセントが部屋にあったとしても、NTT側で残っている設備の確認が取れない場合は、派遣工事が必要と判断される場合もあります。

 

通常は無派遣工事ができると判断されるのは、マンションタイプの場合が多いです。

けれど中古住宅や借家などでファミリータイプの場合でも、無派遣工事が可能と判断される場合もあります。

無派遣工事についての詳細は、こちらに詳しくまとめています。

光コンセントがない!?あるのに工事が必要!?無派遣工事になる方法は?フレッツ光や光コラボを申し込んだときに気になるのが、派遣工事があるかどうか。 工事者が家までくる派遣工事だと、誰も来ない無派遣工事...

 

③派遣工事で屋内配線工事が不要な場合

光コンセントがあるけれどNTTから派遣工事が必要と判断された場合などは、実際に工事会社が来ての工事が必要です。

ただしもし、以前の光回線が屋内に残っていてその線をそのまま利用できる場合は、屋内配線工が不要になります。

その場合、通常の工事費用(ファミリー18,000円/マンション7,600円)から屋内配線工事費がひかれた金額が工事費用となるため、7,600円の工事費用となります。

あまりないパターンですが、もし以前光を開通していたり、前の住人が光回線を使っていたと聞いている場合はこの工事費用になることもあります。

\\ドコモ光に乗り換えるなら、断然おすすめはこちら!//
無料で高速無線ルータープレゼント


速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

 

それ以外にもあるドコモ光乗り換えのキャンペーン

2,000円から18,000円の工事費用が無料になる、ドコモ光の新規開通キャンペーンですが、実はほかにもさらにお得なキャンペーンがあるんですよ。

2018/12月現在のドコモ光新規開通キャンペーンをまとめてみますね。

2018.12月現在 ドコモ光新規開通キャンペーン
  • 開通工事費用無料
  • dポイント10,000pt付与(転用は5,000pt)
  • スマホのりかえサポート

 

はじめにご紹介した工事費用無料に加え、ドコモ光に新規で申し込みをするとdポイントが10,000pt付与されます。

以前はドコモ光はキャッシュバックなどを行っていなかったので、他社に対抗して始めたようですね。

dポイントは携帯料金の支払いにも利用できるので、実質1万円のキャッシュバックと同等ということになります。

またスマホ乗り換えサポートは、ドコモ光に乗換えと同時に携帯もドコモへ変えたい人にぴったりなサポートです。

以前の携帯会社の解約料を負担するかわりに、dポイント10,260ptがもらえます。

固定回線の乗換えだけでは適用にはなりませんが、携帯もまとめてドコモへ乗換えようと思っている人にとっては利用したいキャンペーンですね。

詳しくはこちらのページを参考にしてくださいね。

ドコモ光HP スマホ乗り換えサポート

 

ドコモ光なら断然お得なのがGMOとくとくBB

上記のキャンペーンは、ドコモショップでも公式HPでも家電量販店でも、どこで申し込みをしても受けられるキャンペーンです。

けれど実は、申し込み窓口を変えるだけでさらに追加でお得なキャンペーンが受けられるんですよ!

私が1番おすすめなのは、プロバイダ独自で行っているキャンペーンを利用することです。

 

ドコモ光はSoftBank光とは違って、プロバイダを自由に選ぶことができます。

そのプロバイダが、独自でいろいろなキャンペーンを行っているんですよね。

その中でも1番お得でメリットがあるのが、GMOとくとくBBのドコモ光です。



【GMOとくとくBBのドコモ光】

GMOとくとくBBのメリット
  • v6プラスに対応しており、スピードが速い
  • 最大15,000円のキャッシュバックあり
  • 最大1.3Gbps対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる
  • 開通時に設定が不要
  • 訪問サポート無料
  • セキュリティ(マカフィーマルチアクセス)が1年無料
  • 一緒にdカードGOLDを申し込みで、Amazonギフト券5,000円

 

ドコモ光の公式キャンペーン以外にも、これだけ追加でもらえるキャンペーンがあるんです。

ドコモ光のプロバイダはたくさんありますが、特にGMOとくとくBBのキャンペーンは他社プロバイダと比べても1番多くて充実しています。

特にこの中で注目してもらいたいポイントが3つあるので、ご紹介しますね。

 

先にドコモ光 GMOとくとくBBの詳細を知りたい人はこちらへ

速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

1.キャッシュバックのキャンペーンがある

実はドコモ光のプロバイダで、キャッシュバックのキャンペーンを行っているところはほとんどありません。

けれどGMOとくとくBBでは、オプション加入などしなくても必ず5,500円のキャッシュバックがあります。(キャッシュバック受け取り手続きは必要です。)

またドコモ光電話バリュー(ひかり電話エースと同等サービス)を同時に契約すると、最大で15,000円のキャッシュバックが受けられます。

ナンバーディスプレイやキャッチホンなどを利用しているのであれば、ドコモ光電話バリューを申し込めばかなりお得ですよ。

 

2.V6プラス対応

よく夜になると、ネットの速度が突然遅くなることってありますよね。

そういった時間帯や接続環境による速度遅延を解消するには、v6プラスに対応している回線とプロバイダを利用することが大切です。

ドコモ光は、IPoE方式でのIPv6接続に対応しています。

そしてプロバイダであるGMOとくとくBBも、もちろんv6プラスに対応しています。

(※v6プラスとは、IPoE+IPv4 over IPv6の略)

なので、ドコモ光+GMOとくとくBBを利用すると、回線速度が速くなる可能性が高くなるんです。

 

『IPoEって何?』

『難しいことを言ってもよくわからない!』

って人も多いとは思いますが、簡単に言うと渋滞していてなかなか車が進まない一般道から、高速道路に変わるようなイメージです。

引用:GMOとくとくBB HP

なのでv6プラスに対応しているということは、時間帯によってネットの回線速度が遅くなったりしづらくなるんですね。

特にマンションタイプなどを利用している人にとっては、かなり注目すべきポイントです。

もし今、ネットの速度に対して不満を持っているのであれば、これを機に乗換えてみてもいいかもしれませんよ。

 

3.高機能の無線ルーターが無料レンタル可

GMOとくとくBBのもう1つのポイントが、高性能の無線ルーターを無料でレンタルできることです。

自宅に固定回線を開通する場合は、無線を利用する人がほとんどですよね。

スマホやタブレットも、自宅ではwi-fiを利用してネット接続をしていれば、無線ルーターを持っているという人も多いはず。

 

けれどその無線ルーターって、どれくらいの速度までに対応しているか知っていますか?

いくらドコモ光が1Gの回線で、プロバイダがv6プラスに対応していたとしても、無線ルーターの対応速度が360Mbpsまでだったら意味がありません。

せっかく回線の速度もv6プラスも対応しているのであれば、無線ルーターも高性能のものを使用しないと意味がないんですよね。

 

GMOとくとくBBでは、なんと最大1300Mbps対応のルーターを無料でレンタルしてくれるんです。

プロバイダによっては無線ルーターのレンタルが有料だったり、レンタル自体がないところもあります。

そんな中GMOとくとくBBでは無料でレンタルできるので、解約するまでずっと無料で借りることができるんです。

それってかなりお得ですよね。

しかも最大速度が1,300Mbps対応のルーターレンタルをしてくれるのは、GMOとくとくBBだけです。

 

ちなみに現在レンタルできるルーターの種類は2種類。

バッファロー WXR-1750DHP2

 

NEC Aterm WG1900HP2

どちらも定価は約20,000円、現在Amazonでも1万円弱はするルーターです。

無線を利用したいなら、こういった無線ルーターレンタル無料のプロバイダを選んだほうが断然お得ですよ。

 

\\ドコモ光に乗り換えるなら、断然おすすめはこちら!//
ドコモ光 GMOとくとくBBの詳細はこちら


速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

 

ドコモ光工事料金まとめ

ドコモ光へ乗換えをするなら、工事費無料キャンペーンが行われている今がチャンスです!

しかもキャンペーン終了間際の3月、4月は引越しシーズンも重なり、工事の予約がなかなか取れなかったりスムーズに手続きができなくなってしまいます。

できることなら早めに申し込みをしておいたほうがいいですよ。

ドコモ光への乗換えを検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

ひかりmamaおすすめ光回線

★☆ドコモ携帯をつかっているならドコモ光★☆★
最大15,000円キャッシュバック+dポイント最大30,000ポイント
ドコモ光セット割で携帯料金がお得
無線ルーターを無料レンタル
評価
おすすめのポイントドコモ携帯を使っているならドコモ光一択です。長く使えば使うほど割引額も高くなりますよ。数あるプロバイダの中でも、GMOとくとくBBならIPv6対応で、無線ルーターも無料でレンタルできるのでとっても快適です。
詳細ページ公式ページ  
★☆Softbank携帯を使っているならSoftbank光★☆★
最大32,000円キャッシュバック
おうち割で毎月最大1000円割引
開通までSoftbank Airレンタルあり
評価
おすすめのポイントソフトバンク携帯ならソフトバンク光がおすすめ。おうち割で携帯料金がお安くなります。開通までの間Softbank Airをレンタルしてくれるのも助かりますね。
詳細ページ公式ページ  
★☆au携帯を使っているならBIGLOBE光★☆★
最大25,000円キャッシュバック
スマートバリューで携帯料金割引
auスタートサポートで他社解約金を負担
評価
おすすめのポイントau携帯の人にはauひかりもおすすめですが、auひかりはエリア外になることも多いです。そんな時はBIGLOBE光がおすすめ。提供エリアが断然広く、開通までもスピーディーですよ。
詳細ページ公式ページ