auひかり

auひかりにするとNTT回線より安くなるって本当?料金や工事費用で徹底検証!

auひかりの営業電話で『NTT回線より安くなります!』と言われると、ついつい安くなるのなら…と申し込みたくなってしまいますよね。

けれど本当に、NTT回線よりauひかりのほうが安くなるのでしょうか?

今回はそんなauひかりの営業を受けて迷っているあなたの為に、auひかりとフレッツ光や光コラボなどのNTT回線をしっかりと比べてみたいと思います。

ひかりmama
ひかりmama
料金の違いや乗り換えをする為に必要な費用などを知れば、実際に安くなるかどうかがわかりますよ

この記事を読むと、こんなことがわかります。

  • NTT回線からauひかりに乗り換えて、本当に安くなるのか
  • NTT回線とauひかりの料金の違い
  • NTT回線からauひかりへ乗り換える時の工事料
  • auひかりの申し込みをしてしまったが、キャンセルしたい場合
  • auひかりへ乗り換える場合の、お得な窓口

安易に乗り換えてしまったら実際は高くなる場合もあるので、ぜひしっかりとこの記事を読んで確認をしてくださいね。

スポンサーリンク

NTT回線からauひかりへ乗り換えて本当に安くなるの?

NTT回線からauひかりへ乗り換えて、本当に安くなるのかどうか。

結論から言うと

『安くなる場合もありますが、高くなる場合もあります!』

ひかりmama
ひかりmama
要はあなたの現在の環境によって、変わってくるということです

なのでしっかりと、現在の自分の状況や支払っている金額を把握するのが大切ですよ。

まずはNTT回線とauひかりの月額費用、そして新規で申し込んだ場合の工事費などをまとめてみますね。

 

NTT光回線とauひかり 月額料金比較

NTT回線と一言で言っても、現在はフレッツ光以外にもドコモ光やソフトバンク光など、光コラボ回線もたくさんあります。

現在自分がどこの回線と契約しているのかを、まずは確認してくださいね。

もし光コラボで使用している場合は、月々のインターネット料金の請求が来ている会社が契約している回線になりますが、一概にそうとは言えない場合もあります。

  • NTTから請求⇒フレッツ光 以外にもぷらら光、ASAHIネット光など多数あり
  • ドコモから請求⇒ドコモ光
  • ソフトバンクから請求⇒ソフトバンク光
  • NTTコミュニケーションズから請求⇒ONC光
  • KDDIから請求⇒BIGLOBE光 もしくはSo-net光など

特にNTTからとKDDIから請求がまとめてきている場合は、どこの事業者の契約をしているのかがわかりにくいです。

その為、自分でわからない人は心当たりのある会社に確認をするか、NTTもしくはKDDIへ問い合わせてみてくださいね。

ひかりmama
ひかりmama
個人情報なので『○○光ですよ』とは答えてくれないと思いますが、こちらから心当たりのある回線名を『○○光ですか?』と聞けば、あっているか間違っているかは教えてくれると思います

 

現在使用している回線がわかれば、auひかりとの料金を比較してみましょう。

auひかりとNTT回線の主要事業者の回線の料金で、比べてみますね。

戸建てタイプの場合
回線名 月額料金
フレッツ光
(ギガ推し!2年割適用)
4,700円
+プロバイダ(500円~1,000円)
ドコモ光(タイプA) 5,200円
ソフトバンク光 5,200円
ビッグローブ光 4,980円
so-net光 3年間3,980円
その後5,580円
ぷらら光 4,800円
OCN光 5,100円
au光(ずっとギガトク) 1年目5,100円
2年目5,000円
3年目4,900円

 

マンションタイプの場合
回線名 月額料金
マンションV16契約 マンションギガ
フレッツ光
(ギガ推し!/2年割適用)
2,750円
+プロバイダ(500円~1,000円)
3,050円
+プロバイダ(500円~1,000円)
ドコモ光(タイプA) 4,000円
ソフトバンク光 3,800円
ビッグローブ光 3,980円
so-net光 3年間2,980円
その後4,480円
ぷらら光 3,600円
OCN光 3,600円
au光(ずっとギガトク) 3,800円 4,050円

 

ひかりmama
ひかりmama
よく見ると、そこまでauひかりが安いわけではないってことがわかりますよね

そうなんです。

実際の月々の料金で比べると、auひかりがそこまで安いといったわけではありませんし、逆にNTT系の光コラボの中にはauひかりより安い回線もあるんです。

ってことは、やっぱりこちらの状況などをほとんど聞かずに『au光にしたら安くなりますよ!』というのは、半分本当で半分嘘の可能性もあるってことですね。

現在フレッツ光や光コラボでマンションタイプを利用している場合でも、auひかりのマンションタイプが導入されていない場合もあります。

その場合は乗り換えをしてしまうと、ファミリータイプでの申し込みになる為確実に今より金額が高くなってしまうので気をつけてくださいね!

 

NTT光回線からauひかりへ乗り換える際の工事料金

続いてNTTの光回線からauひかりへ乗り換える際の、工事料金も見てみたいと思います。

戸建てタイプの場合
初期費用
(工事費含む) ※1※2
37,500円(分割の場合は625円×60回)
登録料 3,000円

 

マンションタイプの場合
初期費用
(工事費含む) ※1
30,000円(分割の場合は1,250円×24回)
登録料 3,000円

 

新しくauひかりへ乗り換えるということは、工事が必要になります。

ということは、もちろん工事費用がかかるということなんですよね。

ただし現在auひかりでは、『初期費用相当額割引』というものがあります。

ホームタイプの場合は『ネット+電話を60ヵ月利用』、マンションタイプの場合は『ネットのみ24ヵ月利用』することで月々の工事費用の分割支払い分と同じ金額が割引になるんです。

ひかりmama
ひかりmama
なので実質工事料は無料になるってことですね!

もちろん分割払いの途中に解約してしまうと、その時点で残っている工事費用の残債は一括で支払いになるので気をつけてくださいね。

 

現在のNTT回線の工事費用残債や違約金は?

もし今利用しているNTT回線が、まだ契約して1~2年だったり解除料がかからない更新月でなかった場合。

auひかりに乗り換えると、違約金がかかってしまったり支払っている工事費用の残債があったりしますよね。

そちらについては、現在auひかりでは『新スタートサポート+上乗せキャッシュバック』というキャンペーンが実施中なので大丈夫ですよ。

ホームタイプの場合は最大55,000円まで、マンションタイプの場合は最大45,000円まで解約にかかる費用分のキャッシュバックを受けられるんです。

ひかりmama
ひかりmama
ということは、いつ解約しても高額な解約金分は戻ってくるってことですね!

ただしもともとスマートバリューが適用になる光回線(ビッグローブ光やSo-net光など)からの乗り換えの場合は、このキャンペーンが適用にならないので注意してくださいね。

またキャンペーン適用のために、加入するプランなどには決まりがあるので詳しくはこちらをご覧ください。

auひかりHP 【新スタートサポート ホーム】

auひかりHP 【新スタートサポート マンション】

\確実にキャッシュバックをもらうなら!/

auひかりに乗り換えて本当に安くなるのはどんな場合?

実際にauひかりに乗り換えても、auひかりの工事費用や今のNTT回線の解約に費用は掛からないですが、確実に安くなるわけではないってことがわかりました。

だったら乗り換える必要がないんじゃない?と思うかもしれませんが、確実に乗り換えたほうが安く場合ももちろんあるんです。

それは現在、こういった回線を利用されている場合です。

auひかりに乗り換えたほうが安くなるのは?
  1. au携帯を使っているのに、スマートバリューが適用にならない回線を利用している場合
  2. auひかりのマンションタイプが入っているのに、フレッツ光や光コラボのファミリータイプを利用している場合
  3. キャンペーンでキャッシュバックが高額な場合

1.au携帯なのにスマートバリュー適用外の回線

au携帯をお得に利用するには、インターネット回線と一緒に使うことで受けられる割引『スマートバリュー』がとってもお得です。

もしあなたが今、auの携帯を利用しているのにスマートバリューを適用できないNTT回線を利用しているなら、auひかりに乗り換えをすれば携帯と合わせた金額が安くなりますよ。

携帯電話のプランによっては最大月々2,000円もお安くなるので、au携帯を持っているならスマートバリューが適用できる回線のほうがかなりお得です。

ただし、auひかりでなくてもスマートバリューが適用になる回線は、NTT系の光コラボにもあります。

例えばビッグローブ光やSo-net光などでも、スマートバリューは適用になるんです。

NTT回線からauひかりへ乗り換えとなると、回線工事や手続きがいろいろと大変ですが、ビッグローブ光やSo-net光への乗り換えは『事業者変更』という手続きで簡単にできてしまいますよ。

ひかりmama
ひかりmama
もちろん工事も不要です!

スマートバリューが適用になる回線については、こちらで確認してくださいね。

auの携帯やスマホ料金がお得になる固定回線まとめ。スマートバリューが適用になるのはどれ?携帯のシェア率がドコモについで第2位のau。 auのスマホや携帯を使っていると利用できる割引が『auスマートバリュー』です。 ...

 

2.auひかりマンションタイプが入っているのにファミリータイプのNTT回線を利用している場合

あなたがもし、マンションに住んでいるのにNTT回線のファミリータイプに加入している場合。

マンションにauひかりのマンションタイプが入っていないかを、確認してみたほうがいいです。

auひかりマンションタイプが入っている集合住宅には、フレッツ光のマンションタイプも入っていることが多いですが、中にはauひかりしか入っていないという建物もあるんですよ。

ひかりmama
ひかりmama
マンションタイプとファミリータイプを比べると、確実にマンションタイプのほうがお安いです

なのでそんな場合は、auひかりのマンションタイプに乗り換えるのがおすすめです。

ただし、マンションタイプがタイプVだった場合などは速度が今に比べて遅くなってしまったりする可能性があります。

速度を落としたくない場合は、現在の回線を継続したほうが良いこともあるので注意してくださいね。

 

3.キャンペーンの特典が良い場合

乗り換えをする時に気になるのが、キャッシュバックなどのキャンペーンですよね。

代理店によっては高額のキャッシュバックなどを提示してくるところもあるかもしれません。

そうなると、実質月々の料金は変わらなくても、キャッシュバックの分だけはお得になるということになりますね。

けれどこの後にもお伝えしますが、電話営業や訪問営業で提示されるキャッシュバックはお得じゃないんです。

もし金額が高かったとしても、受け取りがかなり先だったり受け取り方法が複雑だったり、さらには不要なオプションをたくさんつけないといけないことが多いです。

なので本当に確実にもらえるキャッシュバックなのか?などを見極めて、乗り換えをする必要があります。

ひかりmama
ひかりmama
うまい口車に乗せられて、騙されないように気をつけてくださいね

\電話営業で申し込むより確実に安心お得!/

営業電話や訪問営業はとにかく断るべきな理由

ここまでの比較で、あなたがauひかりへ乗り換えたほうが安くなるとわかった場合。

もちろん乗り換えがおすすめなのですが、もし今営業の電話や訪問営業でauひかりをすすめられているなら、それは断ったほうがいいですよ。

なぜなら、もっとお得にauひかりを申し込める窓口があるからです!

ひかりmama
ひかりmama
営業電話や訪問営業でauひかりに加入してしまうと、損をしてしまいますよ

ここからは、電話をかけてくる代理店などから加入するデメリットをお伝えしますね。

とにかく案内があいまいで嘘も多い

もしかすると今電話がかかってきている担当者は『KDDIの者です』と名乗っているかもしれませんが、それは確実に嘘です。

KDDIが直接営業の電話をかけてくることは、ほぼ100%ありません。

電話をかけてきているのは、KDDIから委託された『代理店』の担当者になります。

代理店は本当にたくさんの会社があるのですが、みんなauひかりの契約を取ることでKDDIから報酬をもらっています。

その為1件でも多くの契約をとろうと必死なんですよね。

なので、あることないことを言って言葉巧みにだますような手口で加入をさせる代理店も、実はすごく多いんです。

ひかりmama
ひかりmama
例えばau光の場合、『工事なしで乗り換えできる』なんて案内はほぼ嘘ですし、こちらの状況をほとんど聞かずに『今より安くなる』という案内も、まったく根拠がありません

さきほどお伝えしたとおり、月額の料金は多少お安くなったとしても工事費用がかかるので、乗り換え後すぐに解約すると高額な解約料や工事費用の残債がかかったりもしてきます。

 

さらに電話をかけてくる代理店は、とにかく契約を取ることに必死なのですがあまり知識がない人が多いです。

その為実際にかかる費用とは違う料金を案内されてしまったり、かかるはずの金額も案内されなかったりということもよくあるんです。

実際に私も通信回線の窓口でオペレーターをしていましたが、こういった代理店経由の申し込みをされたお客様からは本当にクレームが多かったです><

『こんな金額がかかるなんて聞いていない!』『詐欺だ!』『安くなるといわれたのに高くなった!』

何度言われたかわからないほど、こういった連絡が多かったです。

ひかりmama
ひかりmama
ですので電話営業や訪問営業で申し込みをするのはおすすめできません!

 

キャンペーン内容が悪い

それに営業の電話や訪問営業の場合は、あまりキャンペーン内容がよくないことも多いんです。

加入したらクオカード3,000円がもらえるだけだったり、中にはauひかりの公式キャンペーンだけしか適用にならない場合もあるんです。

それにキャッシュバック金額が高額と言われても、実際は不要なオプションを山ほどつけないといけなかったりキャッシュバックをもらうための手続きが複雑だったりして…

ひかりmama
ひかりmama
1件当たりでKDDIからもらえる費用をお客へ還元せずに、すべて自分たちの取り分にしようとしているんですね

 

実際は同じau光に加入しても、もっとお得なキャンペーンを適用してくれる窓口があるんです。

加入するのが同じauひかりなんだったら、せっかくなのでなるべくお得な窓口を利用したくないですか?

なので今もし、営業の電話や訪問営業の担当者にお願いしてau光に乗り換えようと思っているなら、絶対にやめておいた方がいいですよ。

 

auひかりへ申し込みしたいなら、安心なweb代理店からがおすすめ

今営業されている代理店から申し込むと、かなり損をしてしまう事はわかってもらえたかと思います。

じゃあいったいどこから申し込むのが1番お得なの?と思いますよね。

その答えは『WEBから加入できるKDDI正規代理店』です。

 

どうしてwebからの申し込みがお得なんだと思いますか?

その理由は、web上からの申し込みで間口を広げることで営業をする人件費が不要なんです。

そして優良な代理店は、その人件費分の浮いたお金を加入者へのキャンペーンとして還元してくれているんです。

その為、auひかりの公式HPやauショップから加入するよりも、上乗せで代理店独自のキャッシュバックなどを受けることができます。

またauひかりの場合は、プロバイダからの特典も受けることができるので、3つの会社から特典を受け取ることができるんですよ。

ひかりmama
ひかりmama
これは見逃せないですね!

 

またKDDIの正規代理店という肩書がある以上、変な案内や間違った案内をされることもありません。

万が一そんなことがあると、KDDIからの信用問題に関わってきますからね。

なので申し込みをしても、きちんと納得するまで説明してもらえますし、費用や手続きについてもきちんとした知識がある担当者が対応してくれるので安心ですよ。

 

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがおすすめ!

特に私が1番おすすめできるKDDI正規代理店は、NNコミュニケーションズです。

NNコミュニケーションズ経由でauひかりに申し込みをすると、こんなにたくさんの特典が受けられますよ。

NNコミュニケーションズからの特典

キャッシュバック27,000円(ネット+電話)/20,000円(ネットのみ)

プロバイダからの特典

キャッシュバック25,000円(ホーム)/20,000円(マンション)

KDDIからの特典

KDDI公式キャンペーンはもちろん適用

  • スタートサポート+上乗せキャッシュバック
  • 初期工事費用実質無料
ひかりmama
ひかりmama
なんとKDDI×プロバイダ×NNコミュニケーションズの3つの会社からキャンペーンが受けられるんです

なのでKDDI公式キャンペーンに加えて、最大52,000円ものキャッシュバックを受けられるってことですね。

これだけのキャッシュバックがもらえるのであれば、乗り換えする価値もあるかなって思います。

 

それにNNコミュニケーションズなら悪徳代理店の様に、不要なオプションを申し込ませたりキャッシュバックの受け取り方法が複雑なんてこともありません。

オプション契約不要

申し込み時の電話でキャッシュバックの口座を伝えるだけ

ネット開通確認後、最短1か月で振り込み完了

 

しかもKDDI株式会社より9期連続で感謝状を授与しているので、KDDIが認めている代理店だということもわかりますよね。

ひかりmama
ひかりmama
これなら安心して申し込みできますね

申し込みをすればかかってくる電話で、詳しい話や相談も可能です。

現在に比べてお得になるのかなども含めて、相談してみてもいいと思いますよ。

auひかりへ乗り換えをするなら、NNコミュニケーションズがイチオシの代理店です。

\確実にキャッシュバックをもらうなら!/

NNコミュニケーションズのauひかりHPはこちら>>

 

もしauひかりを契約してしまったら?

もしauひかりの営業トークに負けて契約してしまったら、工事をするしかないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

auひかりは工事をしなければキャンセルは可能です!

 

auひかりの開通工事は、必ず立ち合いの工事が必要です。

なのでキャンセルをしたい時には、まずはそれまでにKDDIへ直接連絡をしてキャンセルをしましょう。

タイミングによってはまだKDDIへ連携がされておらず、直接申し込んだ代理店へキャンセルしてくれと言われるかもしれません。

けれど代理店へ連絡してしまうと、キャンセルするにもまた足止めを食らって、うまいこと丸め込まれてしまう可能性が大きいです。

ひかりmama
ひかりmama
なので大元のKDDIに、キャンセルを依頼するのが1番確実です

代理店が強引だったりしつこかった場合には、KDDIへ直接代理店名とクレームを伝えてもいいかもしれませんね。

そうすれば代理店へは、KDDIから直接注意喚起が行くかもしれません。

 

またKDDIへ連絡してもつながらなかったなどの場合も、最悪工事の当日に工事の人にキャンセルしたいと断れば大丈夫です。

工事者もキャンセルしたいといっているのに無理やり工事することはありませんし、工事が完了しなければ契約にもなりません。

ひかりmama
ひかりmama
もちろん工事をキャンセルすることで、費用がかかるということはないので安心してくださいね!

申し込んでしまったから諦めるしかない…と思わず、もし不本意な申し込みをしてしまったならきちんと断りましょう。

工事をしてしまうと契約が完了してしまうので、そこから工事料金や最低利用期間なども開始されてしまいます。

断りたい時には、絶対に工事はしないように気をつけてくださいね!

 

auひかりはNTT回線より安くなる? まとめ

auひかりがNTT回線より本当に安くなるのか?ということについて、ご説明しました。

実際にお安くなる場合もありますが、結果的にはほとんど変わらないor高くなってしまったなんてこともあり得ます。

ひかりmama
ひかりmama
なので乗り換えをする時には慎重に、そして営業のうまい話に乗せられないように気をつけてくださいね

au光への乗り換えで迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

auひかりに加入する前に、解約についての費用を確認しておきたい人はこちらをご覧くださいね。

auひかりの解約は日割りができる?撤去費用が高すぎ?損せずやめる方法は?回線速度に定評があるauひかり。 けれどいざ解約しようと思うと、実はいろんな費用がかかってしまうって知ってました? ...
スポンサーリンク
 

ひかりmamaおすすめ光回線

ひかりmama
ひかりmama
私ひかりmamaが、自信をもっておすすめする光回線をご紹介します!
もし今すでに他社へ申し込みをしている状態でも、工事前であれば工事のキャンセルは可能です。   携帯ショップや家電量販店から申し込みをしている場合は、特典が少なく損してしまっている場合も多いんですよ。   少しでもお得なキャンペーンを利用できるように、しっかりチェックしてくださいね!  
★☆ドコモ携帯をつかっているならドコモ光★☆★
最大15,000円キャッシュバック+dポイント最大10,000ポイント
ドコモ光セット割で携帯料金がお得
無線ルーターを無料レンタル
評価
おすすめのポイント ドコモ携帯を使っているならドコモ光一択です。長く使えば使うほど割引額も高くなりますよ。数あるプロバイダの中でも、GMOとくとくBBならIPv6対応で、無線ルーターも無料でレンタルできるのでとっても快適です。現在は新規工事費無料キャンペーン中なので、申し込むなら今です!
詳細ページ公式ページ  
★☆Softbank携帯を使っているならSoftbank光★☆★
最大35,000円キャッシュバック
おうち割で毎月最大1000円割引
開通までSoftbank Airレンタルあり
評価
おすすめのポイント ソフトバンク携帯ならソフトバンク光がおすすめ。おうち割で携帯料金がお安くなります。開通までの間Softbank Airをレンタルしてくれるのも助かりますね。
詳細ページ公式ページ  
★☆au携帯を使っているならSo-net光★☆★
マンションタイプなら3年間月々2,980円、ファミリーでも3,980円
スマートバリューで携帯料金割引
高速Wi-Fiルーターが永年無料
評価
おすすめのポイント au携帯の人にはauひかりもおすすめですが、auひかりはエリア外になることも多いです。そんな時はSo-net光がおすすめ。月々の料金が断然安く、スマートバリューで携帯料金まで抑えられます。
詳細ページ公式ページ  
★☆au携帯を使っているならBIGLOBE光★☆★
最大26,000円キャッシュバック
スマートバリューで携帯料金割引
auスタートサポートで他社解約金を負担
評価
おすすめのポイント 月々の料金が安いよりもキャッシュバックが欲しい!そんなauユーザーにはBIGLOBE光がおすすめ。提供エリアが断然広く、開通までもスピーディーですよ。
詳細ページ公式ページ