ネット回線

光コンセントの設置場所はどこがいい?複数設置や場所の移動変更は可能?

フレッツ光や光コラボの工事を申し込んだら、後は工事の日を待つだけ。

工事がくればいよいよインターネットが使えるー♪

なんてうきうきしながら、工事の日を待っている人も多いことと思います。

 

けれどひとつだけ、工事の日までにきちんと考えておいてほしいことがあるんです。

それが光コンセントを設置する場所についてです。

前もって決めておかないと、工事当日にあたふたしてしまったり、場合によっては間違った場所に取り付けてしまって後から後悔することにもなりかねませんよ。

 

今回は、そんな光コンセントの設置場所についてと、もし光コンセントの場所を移動、変更したくなった場合、複数光コンセントが必要になった場合の対処法についてお伝えします。

これから光回線を引く人も、引いてしまったけど別の場所で使いたくて困っている人にも耳寄りな情報がたくさんあるので、ぜひご覧くださいね。

光コンセントって何?

光回線を引き込む工事をすると、必ず光回線の差込口をNTTが設置していきます。

その差込口が光コンセントと呼ばれるもので、光回線1回線につき1つ設置が可能です。

イメージとしてはこんな感じです。

引用:NTT東日本HP

設置する場所は、マンションやアパートだと配管や配線の関係である程度決められてしまう場合が多いです。

けれど一戸建ての場合は、1階や2階、リビング、書斎、寝室など設置した居場所をある程度自分で指定することができます。

建物の構造上引き込みができない場合もありますが、基本的に電気のコンセントや電話の差込口がある場所であれば可能かと思います。

またエアコンがあればダクトからの引き込みも可能なので、コンセントがなくても引き込み画できる場合もあります。

 

じゃあいったいどこに光コンセントを設置すればいいの?

と悩んでしまいますよね。

実は光コンセントの場所を間違えて設置してしまうと、あとあと利用するのにとっても困ったり、はたまたもう一度工事をしなければいけなくなってしまう場合もあるんですよ。

続いてはそんな光コンセントを設置するのにおすすめの場所をお伝えしますね。

 

光コンセントの設置場所はどこがいいの?

光コンセントを設置する場合、その後のインターネットや電話の利用方法によっても場所が変わってきます。

何も指示しないと、工事の人が引きやすい場所に勝手に光コンセントを設置してしまったりもするので、必ず前もって決めておいてくださいね。

おすすめの設置場所を3つご紹介するので、ご自身の家に合った場所を探してみてくださいね。

おすすめその1.電話を利用する近くに光コンセントを設置

ひかり電話を利用する場合におすすめなのは、電話の親機を使用したい場所の近くに光コンセントを設置することです。

ひかり電話は必ず光電話対応の回線終端装置に電話線でつなげる必要があります。

その為光コンセント→回線終端装置→電話機とつなぐので、光コンセントの近くに電話機を設置するのが一番配線も目立たずにシンプルに電話を設置する方法になります。

イメージはこんな感じです。

図の中の1番が光コンセントになります。

光コンセントは1階なのに、電話の親機は2階で使いたい。

そうなってしまうと、その間の電話の配線工事などを改めてお願いする必要が出てきてしまう、費用も余計にかかってしまいますよ。

ですのでひかり電話を利用する場合は、なるべく光コンセントは電話の親機の近くに設置するようにしましょうね。

 

おすすめその2.ネットを利用する近くに光コンセントを設置

ひかり電話を利用しない場合は、光コンセントを設置する場所はなるべくインターネットを使う近くがおすすめです。

たとえばPCを有線で接続したい場合はもちろんそのPCを利用する部屋に、リビングでスマホやタブレットをwi-fi(無線)で利用する場合はリビングに設置しましょう。

インターネットを無線で利用する場合は別の部屋でもつながるとは思いますが、やはり間に壁やドアなどがないほうが速度は落ちにくいです。

一戸建ての1階と2階だと、電波が届かないことだってよくあります。

無線を利用するにしても、なるべくその近くに無線ルーターを設置するのが理想です。

家中で無線を利用したいという場合には、なるべく家の中心か、もしくは一番利用する場所に光コンセントを設置しましょう。

もし無線が届かない場合は、無線の中継器などを設置することでカバーすることができますよ。

楽天で無線中継器を探す

アマゾンで無線中継器を探す

 

おすすめその3. クローゼットの中などに光コンセントを設置

とにかく隠す収納で、見えるところに回線終端装置などを設置したくない場合。

そういった場合はクローゼットの中などに直接光ファイバーの線を引き込めば、見えない場所に回線終端装置を設置することができます。

もちろん回線終端装置には電源が必要なので、クローゼットの中には電源コンセントも必要です。

そのあたりは家を建てている間に現場監督さんなどに相談して、コンセントを設置しておいてもらったほうがいいですね。

 

また最近の新しい家では、マルチメディアボックスという電話やネット、テレビの配線などをすべてまとめたボックスを設置し、そこから各部屋への配線もすべて行ってしまうこともよくあります。

引用:NTT西日本HP

マルチメディアボックスを設置する場合は、その中に光回線を引き込み回線終端装置も設置します。

マルチメディアボックスから各部屋までは、電話配線、LAN配線、TV配線をすべて行っておけば、どの部屋でもマルチメディアコンセントに差込をすれば電話もネットも利用できるようになりますよ。

スポンサーリンク

もともと光コンセントがある場合は?

賃貸マンションや中古物件などでは、以前住んでいた人が光回線を利用していれば光コンセントがそのまま残っている場合があります。

光コンセントが引越し先にある場合は、無派遣工事ができる可能性がありますよ。

確認はNTTやコラボ事業者へ行うしか方法はありませんが、一度確認してみる価値はあると思います。

もし無派遣工事ができれば、工事費用は2,000円ですみます。

しかも立会いなしで開通工事ができるので、とっても簡単ですよ。

けれどもともとある光コンセントの位置を変更したい場合などは、派遣工事を依頼して改めて光回線を引き込み、光コンセントを設置する工事が必要になります。

光コンセントがある場合、ない場合のあれこれについては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

光コンセントがない!?あるのに工事が必要!?無派遣工事になる方法は?フレッツ光や光コラボを申し込んだときに気になるのが、派遣工事があるかどうか。 工事者が家までくる派遣工事だと、誰も来ない無派遣工事...

 

光コンセントの数は2つ以上複数個設置できる?

インターネットをいろいろな場所で利用したいから、光コンセントも複数設置をしてほしい。

そんな風に思う人もいるのではないでしょうか。

けれど光コンセントは必ず光回線1契約に1つしか設置できません。

もし2つ設置したいのであれば、2回線光回線を引き込む必要があります。

そうなるともちろん月額の費用も2倍かかります。

 

光コンセントが2つあってもメリットはほとんどありません。

たとえば2世帯住宅で、どうしてもインターネットやひかり電話の料金を世帯ごとに分けたい場合などは、2回線引き込めば費用も分けることができます。

けれど合計すると単純に2倍の費用がかかるので、経済的ではありませんよね。

なのでもしネットを有線接続で複数個所で使用したい場合などは、使用したい用途によってLANケーブルや電話線の配線工事などで対応したほうがいいと思います。

スポンサーリンク

光コンセントの場所は移動、変更できる?

一戸建ての場合、たとえば模様替えやリフォーム、家族の独り立ちなどで光回線を使う場所を変えたいことってよくあるんですよね。

けれど光コンセントは光回線につき1つしか設置されておらず、他の場所にはそのままでは移動できません。

そんな時は回線終端装置を移動する為に、いくつかの方法があります。

移動距離や場所によって依頼できる工事内容が異なってくるので、それぞれの場合をお伝えしますね。

光コンセントを移動したいとき

たとえば1階から2階へだったり、別の部屋へ光コンセント自体を移動したい時は、NTTへ工事を依頼する必要があります。

光コンセントを移動するということは、外から引き込んでいる光ファイバーの線ももう一度引きなおす必要があります。

場合によっては外の電柱が変わってしまったりもするので、新規と同じだけの工事費用がかかることもあります。

光コンセントを移動する工事を依頼する場合は、20,000円くらいの工事費用はかかると思っておいたほうがいいですよ。

そんなに高いお金を払ってまで移動する必要がないと思えば、光コンセントは移動せずに電話線やLANケーブルを長いものへ交換したりで対応したほうがいいですね。

ただしリフォームなどで一度光ファイバーの線を切ってしまった時は、必ずもう一度引き込む工事が必要になります。

その場合はどうしても工事費用がかかってしまうので、仕方がないですね。

回線終端装置を移動したいとき

模様替えや家具を買い換えたときなど、光コンセントの位置はそのままでいいけれど、光コンセントから回線終端装置までの光ケーブルの長さが足らなくなってしまうことがよくあります。

あと1メートルだけ伸ばしたいのに・・・

そんな時には、まずはNTTや各事業者へ問い合わせをしてみましょう。

場合によっては長いケーブルだけを郵送で送ってくれる場合があります。

そうすれば工事に来ることもなく、自分でケーブルをつなぎかえるだけで光ケーブルの延長ができてしまいますよ。

その場合の費用は1,500円~2,000円程度になります。

 

ただしケーブルを送ってくれない場合もあります。

それは光コンセントから回線終端装置までの距離が5メートル以上になる場合。

そういった場合は工事を依頼し、工事者が光ケーブルの延長を行ってくれます。

もちろん人が来る分工事費用はかかるので、10,000円程度の工事費がかかります。

もしどうしても安く自分で済ましたい・・・

そんな場合は自分で光ケーブルを延長する方法もあります。

その方法については、こちらにまとめているので興味がある方はご覧くださいね。

光ケーブルを延長 交換する方法は?自分ですれば安くすみます!光回線を利用していると、部屋の模様替えなどをするときに回線終端装置を移動したいことってよくあるんですよね。 『あと50セン...

 

まとめ

いかがでしたか?

光コンセントの設置場所は、一度設置してしまうと動かすのにどうしても費用がかかってしまいます。

工事当日にきちんと場所を指定しないと、勝手に別の場所に取り付けられてしまっても後の祭りです。

工事完了のサインをしてしまえば、工事内容に了承したという証拠になってしまうので、NTT側でも無料で光コンセントの移動をしてくれることはありません。

そんなことにならない為にも、必ず光回線の申し込みをしたら工事日までに光コンセントの位置を決めておきましょうね。

光コンセントの設置場所について、悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

 

ひかりmamaおすすめ光回線

★☆ドコモ携帯をつかっているならドコモ光★☆★
最大15,000円キャッシュバック+dポイント最大30,000ポイント
ドコモ光セット割で携帯料金がお得
無線ルーターを無料レンタル
評価
おすすめのポイント ドコモ携帯を使っているならドコモ光一択です。長く使えば使うほど割引額も高くなりますよ。数あるプロバイダの中でも、GMOとくとくBBならIPv6対応で、無線ルーターも無料でレンタルできるのでとっても快適です。
詳細ページ公式ページ

 

★☆Softbank携帯を使っているならSoftbank光★☆★
最大32,000円キャッシュバック
おうち割で毎月最大1000円割引
開通までSoftbank Airレンタルあり
評価
おすすめのポイント ソフトバンク携帯ならソフトバンク光がおすすめ。おうち割で携帯料金がお安くなります。開通までの間Softbank Airをレンタルしてくれるのも助かりますね。
詳細ページ公式ページ

 

★☆au携帯を使っているならBIGLOBE光★☆★
最大25,000円キャッシュバック
スマートバリューで携帯料金割引
auスタートサポートで他社解約金を負担
評価
おすすめのポイント au携帯の人にはauひかりもおすすめですが、auひかりはエリア外になることも多いです。そんな時はBIGLOBE光がおすすめ。提供エリアが断然広く、開通までもスピーディーですよ。
詳細ページ公式ページ